家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 アスガルド〜歪曲のテスタメント〜
 メーカー名:ZONE
 発売日:1998/04/17
 メーカーホームページ:
http://www.zone-pg.co.jp/   評価:C+(55点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 AM-DVL氏の絵が好きなのと,RPGを久方ぶりにやってみたかったというのが主な購入動機。まあ,キャンペーン版だったので値段相応の価値があればいいなあと思っていたんですが,果たして……?

【ゲームシステム・内容】
 ゲーム自体は典型的な2D-RPG。フィールド上を移動し敵と遭遇したら戦闘画面に移行する,ごくごくオーソドックスな内容。移動速度の調節も可能ですし,戦闘も効果音やカットインアニメ等をふんだんに交えてテンポ良く展開していくので,小気味良く進められるのは◎。若干エンカウント率が高いのが気にはなりますが,進展を妨げるほどではないですし,それにこのせいで楽にレベルが上がってくれるので不問としたいと思います。

 ただ,1つ問題点を挙げるとすれば,都市等の位置関係を記した全体マップが表示されない(マニュアルにも掲載がない)点でしょうか。これはかなり致命傷に近い。地点移動のみフィールド移動形式ではなく選択肢形式(行き先を選択肢の中から選ぶ形式)なので,自分が今どの位置にいてどこに向かうのかがわからず非常にプレーしにくい。また,どの街からどの街へ移動できるかもわからないので,無駄足を踏んでしまうこともしばしば。ここら辺はかなりフラストレーションを感じたので付言しておきます。同じ選択肢形式にするんでも,せめて全体マップ上に地点名を配置し,その中から任意にマウスで選ぶという形式をとっていれば,もっとやりやすかったと思うんですけどねえ……。


【システム】D
 使いにくい。特に(1)ウィンドウモード不可(フル画面のみ),(2)バックログ機能無し,(3)テキストフレーム消去不可,(4)Hシーン回想モード無し,(5)プレー中に他のソフト等が動作してしまうとフリーズしてしまうことなどは致命傷。RPGとしては必要な機能は概ね整っているんですけど,ADVとしては最低レベル,そうお考えいただけば良いと思います。


【音楽・音声】音楽:C+,音声:D−
 音楽は割と良かったです。出来自体に特筆すべきものは無いですけど,作品の雰囲気にマッチした楽曲群だったのには感心。特に戦闘時の躍動的な音楽は上手い具合に場を盛り上げていて○。

 他方,音声については「聞こえない」,これに尽きます。Hシーンにのみ音声がついているんですが,演技の下手さ加減もさることながら,それ以上に音質が悪すぎる&マスターの音量が小さすぎるために何を喋っているのか殆ど聞き取れなかったのは×。これじゃああっても無くてもかわんないですよねえ……。


【絵・エロ】絵:A−,エロ:C−
 担当は「AM-DVL」氏。癖の強い独特な絵柄(全体的に体の線が細めで(特に脚部),ややしなり気味に描写するのが特徴)ですが,個人的には好き。特にファファ(中華娘)などのキャラデザはかなり良かったのではないかと思いますね。また,H1回あたりの一枚絵の枚数が多い&大半のHが着衣Hであることも特筆すべき点で,抜きに大いに貢献していた点は◎。全体として,絵についてはかなり丁寧な印象を受けました。

 しかし,折角絵が充実しているのに,エロ自体の出来(とりわけエロテキスト)は最悪。特に主人公が超早漏野郎で挿入してからマウス3クリックで果てるのはマズイ。流石に短すぎでしょ,これじゃあ……。抜こうと思ったらすぐにフィニッシュしやがるので,抜くに抜けません。エロゲーなんだからもう少しエロには気を遣って欲しかった,これが率直な所ですね。


【シナリオ】C−
 「紙谷龍生」氏が担当。シナリオについても可もなく不可もなくといったところですね。イベントもそこそこそろっていますし,本筋とは関係ない脱線もあるなど,RPGのシナリオとしてツボはしっかりと押さえているなと感じました。ただ,あまりに標準的すぎてなんの感慨も無かったのと,なによりあまりに各キャラの台詞が定型的・不自然な内容になっていて,キャラ同士の会話に生き生きとした感じや魅力が皆無だった点は痛い。「仕方なく台詞を入れた」「取り敢えず喋らせてみた」みたいな感をどうしても受けてしまったのは残念ですね。


【結論】C+
 「工夫の痕跡は見受けられるが,やはり完成度は低いといわざるを得ない作品」。個人的にはそこそこ楽しませてもらいましたけど,やはり完成度という点では納得のいかないものでした。あまりにもお粗末(まあ,古い作品であるという点も考慮しないとダメなんでしょうけど,それにしてもやはり……ねえ)で,「やりにくい」「微妙」と感じてしまうのではないかと思います。キャンペーン版で買えばそこそこ元は取れると思うんですけど,正規版を買うとなると流石に薦められません。そんな出来だと思って頂ければ良いのではないかと思いますね。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る