FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 カラフルキッス〜12個の胸キュン〜
 メーカー名:戯画
 発売日:2003/03/14
 メーカーホームページ:http://www.web-giga.com        評価:B(70点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 某所の盛り上がりをみて,ネタ代わりにと勢いだけで刈ってしまった本作。妹属性のない私にとっては無謀な挑戦でしたが,果たして……。

【システム】A+
 必要な機能が完備されており,動作もすこぶる軽快。個人的には「Ripple」のようなダメシステムを想定していたので意外。いままで批判の多かった「特定環境下以外ではウィンドウモードで起動できない」という戯画仕様もなくなってます。◎。

【絵】B−
 絵は3人が担当している割に,ちゃんと統一感がとれている点が良い。ただ,一部絵にデッサンの狂いや乱れが有ったのが残念。個人的には小春や綾乃の絵が好きですね。

【音声・音楽】音声:C−,音楽:B
 音楽は……主題歌のインパクトが強すぎ(w BGMの方は可もなく不可もなくといったところですが,ちゃんと作品の雰囲気にあっていてBGM然としているのが○。それに対し音声は,キャラによって差が有りますが,全体的にはややレベルが低めかな。

【テキスト】
 テキストは不自然に感じたり硬いなと思うような箇所は有りませんでした。純愛系ゲームのテキストとしては良いのではないかと思います。ただ,誤字脱字等が多かったのは気になりました(例えば「ちゃん倭」とか)。

【シナリオ】B−
 鬱な展開など皆無な,甘甘な純愛系シナリオです。なので鬱展開の嫌いな方にはピッタリかと。意外なことにシナリオ自体も比較的しっかりとしています。また,選択肢と話の進行に必然性があるのも個人的には良かったです(無意味な選択肢でフラグ立て,というのは辟易していたので)。ヒロイン同士のやりとりなども豊富。
 ただ,基本的に「文化祭・体育祭・修学旅行のどれを取るかで3グループに分岐→そのイベント中で対象ヒロイン一人に的を絞る」という形で進行していくのですが,その際,選んだイベント以外は割愛されてしまう(ex.修学旅行を選ぶと文化祭・体育祭は割愛)のは残念。どうせなら,3つのイベント前に攻略ヒロインを決定して,その後そのヒロイン中心に3イベントをこなしていく内に紆余曲折→最後に絆を確かめる,みたいな展開の方が,よりキャラに愛着がわいたのではないかと思いますね。あと,やはりCD1枚のせいか,展開が急すぎて話を深めるまえに終わってしまうのも残念。

【演出】B+
 特に特別な技術(ムービー挿入とか)を用いているわけではないのですが,例えば,文字の表示速度やざわめきの効果音量を場面に合わせて故意に変えたり,EDのスタッフロール中にキャラ同士の会話を入れたりと,細かいところの演出が巧みだったと思います。そのため,予想以上に引き込まれましたね。

【エロ】C+
 典型的な純愛系ゲームのため,エロを前面には押し出していません。けれども,萌えゲーとしてしっかりとキャラが立てられており,さらにシチュ(処女にいきなり目隠しHとか,着衣Hが多いとか)や描写する構図が良かったりするので,予想以上に抜けます。意外とエロくて驚きました(全くエロには期待していなかったので)。

【結論】B
 「見た目とは裏腹なしっかりとした出来の純愛系ゲーム。エロちょい濃いめ」。予想以上にしっかりとしたゲームで驚きました。分量的にも総量では結構な量があり,全編フルボイスで良くここまでCD1枚に詰め込んだなという感じです。感動的な要素は殆どありませんが,その反面,キャラの萌えやにぎやかな学校行事・寮生活の様子が大変良く描かれています。エロも意外と丁寧に描かれており(喘ぎ声が多いですが),システム・演出の出来も◎。なので,感動ゲー・鬱ゲーではなく,ワイワイガヤガヤとしたにぎやかさとか,キャラ萌え中心の純愛系ゲームが好きな方には良いと思いますよ。これで個々のヒロインについて,(頭数を減らすか,さもなければ作品全体のボリュームを増やすかして)もう少しボリュームを割ければAランクだったんですけどねえ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る