FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 GROPE〜闇の中の小鳥たち〜
 メーカー名:May-Be SOFT
 発売日:2003/03/28
 メーカーホームページ:
http://www.lievre.jp/         評価:D(30点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 リエーヴル譲渡後初のメイビー作品。望月望&んじゃが倫也というゴールデンコンビが解消され,別のゲンガー・ライターを招いての陣容で送る本作。「メイビー史上最大のボリューム」という謳い文句は果たして良い方向に傾くのでしょうか……。

【絵】B
 担当は「龍牙翔」氏。悪くないです。とても可愛らしい絵を描かれる方です。でも……この絵だと抜けない。艶っぽさと言うか,フェロモンに欠けるんですよね。純粋な純愛系だと良い味を出す原画家さんだと思いますけど,本作みたいに(鬼畜系)エロが重視される作品だと,どうしてもエロが弱くなってしまいます。特に,ちょっと前までメイビーは,フェロモン出しまくりなコスプレ巨乳お姉様乱れ咲きで有名な(w)望月絵が売りだっただけに,落差が激しすぎました。個人的にはどうしても差を感じてしまいましたね……。あまり旧作とかと比較するのは良くないとは思いますが。

【音楽・音声】音楽:A−,音声:B+
 音楽はなかなか良い出来ではないかと思います。暗めの曲調が中心で,閉鎖空間における閉塞感・恐怖感みたいなものがよく感じられるような,そんな出来だったと思います。また,主題歌「HOPE」も疾走感が有って結構良かったのではないかと。
 一方,音声は,演技力に関しては◎。しかし,パートボイスなのが痛い。このメーカーはいつもパートボイスですけど,今回はプレー時間が長いだけに,声の入っていないシーンが目立ちすぎました。「DOOP ADVANCE」のように汎用パートに声を入れないくらいなら別に気にならないんですけど,流石に今作みたいに重要な場面にも声がないとなると,ちょっとね……。いい加減,入れるならフルボイスにして欲しいなあ(しかも2GB以上容量を使っているのだから,尚更)と切に思いますね。

【システム】D
 かなり凶悪なバグがあります(このメーカーさんはいつもは殆どバグを出していないのに……)。セーブ中のフリーズや強制終了による履歴消去(回収したCG等が消去されて回想できなくなったり,ロードできなくなったりする)など,問題有りすぎ。OHPに上がっているパッチを当てると不具合が解消されるので,プレー前に当てること必須です。システム自体は「DOOP ADVANCE」よりも動作が軽快になり,必要な機能が概ね整備され,さらにフローチャート機能を追加してエンドに迷わず到達できるようにするなど,懸命に機能の充実を図ろうという姿勢が見えるだけに,極めて残念。取り敢えず,システム自体の出来はB+だがバグによる動作不安定のせいでD評価に減点,とお考え下さい。

【シナリオ】D−
 シナリオは「羽藤影恒」氏が担当。……はっきりいってつまらないです。クリアする毎に新しく攻略できるキャラが増えるアペンド形式を取っているのですが,どのキャラのルートでもほぼ展開が同じなので飽きます。1〜2回程度なら楽しめるのですが,流石にそれ以上はプレーする気が起きません。ちょっとフルコンプしようとは思えないと思います。……ッテカ,ネムイヨ……(;´д⊂)
 テキストも言い回しが不自然な箇所が散見されます(妙に堅苦しくて会話じゃない)し,エロに突入するタイミングもとってつけたようなチグハグ感があります。エロテキストは悪くないんですが,ノーマルパートのテキストがちょっとね……。
 とりあえず,繰り返しプレー形式をとるなら,キャラ・ルートごとに展開とかを変えないとつまらないだろうに(逆に,そうしていれば着想が良いだけにもっと高い評価にもなり得たと思います)。個人的には,笑えない,意味無い,つまらないの3連コンボでまったく魅力を感じませんでした。

【エロ】B
 エロについては純愛系・陵辱系ともに完備されており,良いのではないかと思います。特に,今回は寝取られや卑語等の特殊属性も充実しているので,その手の属性のある方には良いのではないかと。ただ,個人的には(1)各キャラ衣装固定で小百合のスーツHや吹雪の制服Hが無いこと,(2)バレー部という設定で有りながら単なるブルマ着用でお茶を濁していること,(3)あまり着衣Hが多くない(あっても描写度合いが中途半端)なこと,以上3点が不満。蓮実とかは良かったんですけどねえ……。あと,寝取られシチュなどが半強制的にみさせられるので,寝取られが×な人は要注意。

【結論】D
 「同じ展開ばかりをみさせられる作業ゲー」。「メイビー史上最大のボリューム」という煽り文句が完全に裏目に出ています。シナリオの出来の悪さとパートボイス,不安定なシステムが大幅減点の要因です。システムは出ているパッチを当てさえすれば快適になるのでまだいいんですけど,ハードディスクを2GB以上もつかっていながら,半分程度にしか音声がないパートボイス仕様は理解に苦しみます。いい加減,フルボイス仕様にして欲しいところです。音質なんて別にどうでもいいから。そして,シナリオですけど,どうしてルート毎に展開を変えるという発想が出なかったのかが謎ですね。アペンド形式をとっても同じ話ばかりをみさせられたら,そりゃあやる気無くなるって。個人的には抜きも中途半端だったし,ガッカリな出来ですね。今までメイビーはデフォ買いしてましたけど,考え直す必要があるかも知れません。

 望月女史&んじゃが氏のゴールデンコンビ,カムバックぷりーず!(まあ,無理でしょうが)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る