家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 いけない★シャッターチャンス
 メーカー名:BLACK PACKAGE
 発売日:2003/09/12
 メーカーホームページ:
http://www.blackpackage.co.jp/        評価:B+(75点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「大越秀武」氏の絵が好きなので購入。購入前に雑誌で何点かサンプルをみたんですが,氏の着衣H絵はなかなかにエロくて溜まりませんでした。因みに当方BLACK PACKAGE作品は初挑戦。エロ目的で刈ったんですが,果たしてその出来や如何に。

【ゲームシステム及び内容】
 午前と午後の2回,移動する場所を選ぶという場所移動型ADV(具体的にどんな感じなのかは,OHPで体験版をダウンロードできますので,それでお試し頂くのが一番かと思います)。アイテムを回収したり,オマケキャラのHを探したり,意中のキャラを落とすために関連キャラのフラグを立てたり,といった攻略要素を盛り込んでいて,制作者側が工夫して作っているのはよくわかるのですが,個人的にはあまり……というのが正直なところ。違いのいまいちわからない会話選択肢を選んでルート分岐,といったふざけた要素こそないものの,ひたすらに移動場所を選ぶというのはどうしても単調になりがちで,作業感ばかりが募ります。個別イベントが生じない場所を選んだ時に表示されるテキストや,朝・夕のスタジオでの行動に関するテキスト(「疲れた,寝よう」みたいな奴)に殆どバリエーションがないのも,作業感を出してしまう原因かも知れません。とくに,攻略キャラ関連のイベントが全く起きず,一日を無為に過ごさなければならない日が偶にあるんですが,その時は全く何も変わり映えがないので,ひたすらにスキップしていた記憶があります。個人的にはゲーム性についてはあまりお薦めできませんね。あと,先に述べたように,キャラによっては複数のキャラのフラグを立てないといけないので,難易度は若干高めです。

【システム】A−
 システムに関してはほぼ完璧と言えると思います。機能が充実しており,また動作も安定していてかつ軽快なのは◎。特に,(1)メッセージスキップが速い,(2)「次の選択」「前の選択」へ飛べる機能がある,(3)バックログ時に音声を再生できる,(4)フルインスト時にはディスクレス起動可,以上4点はポイント高し。取り敢えず,やっていて機能面で不満を覚えたことは無かったですね。非常に良かったと思います。
 ただ,(1)バックログ時の表示フォントが汚い&サイズが小さい→見にくい,(2)CD-DAモードにすると,MUSIC DISCを入れてもそれを認識せず,無音状態になってしまう不具合があった(マニュアル・OHP記載の対処法は全て試しましたし,うちのPCでは他作品でこのような不具合は無かったんで,多分製品の問題だと思うのですが……),(3)音声と音楽のボリュームバランスが悪い(【音声・音楽】で詳述),以上3点は気になりました。

【音楽・音声】音楽:B,音声:C+
 音楽については,BGM・主題歌ともそこそこのレベルではなかったかなあと思いました。取り立てて良いと思ったもの・印象に残ったものはないですが,聞いてて不快感を覚えたり違和感を感じたりすることはありませんでした。特に主題歌は頑張ってるなと感じましたね。
 他方,音声は並レベル。流石に無い方が良かった,みたいなことは思いませんでしたが,でも演技力不足に感じられた方や標準語の発音のおかしい方が何人か見受けられたのは残念なところです。昔の水準で言えば高レベルでしょうし,中には上手いなと感じられた方もいらっしゃったんですが,最近のこの業界の演技レベルの底上げ状況を考えると,どうしてもこの程度の評価に落ち着いてしまうのではないでしょうか。
 あと,気になったのは音質とボリュームバランス。まず,音質が悪すぎる。普段は余り気にならないんですが,今回は流石にどうかと思いました。かなりかすれた感じになってしまっているところと,音量控えめにしても耳につくノイズの存在がマイナス。あと,ボリュームバランスの設定も悪くて,音声を最大,音楽を極小レベルにしても,音楽に打ち消されて音声が聞き取れなくなってしまうことがしばしば(特に呟いたりもごもごと言ったりする場面で顕著)。多分音声のボリュームが小さすぎるせいだと思うのですが,ここら辺はやはり何とかして欲しかったですね。

【絵・エロ】ともにA−
 原画担当は「大越秀武」氏。非常に良いですね。可愛いのに淫靡さが漂う絵柄が溜まりません。また,衣装にも大変凝っていて,かつ着衣H中心(胸元を開ける程度で,殆ど服を着たままでHするのが多く◎。ただストッキングでのHは皆無であり,靴下の描き込みもほとんど無いので,その点を重視される方は要注意)なので,その手の趣向がある方には◎かと思います。個人的には工藤かずさや森下早紀のHなどが特に良かったです。ブレザー系の制服がないのは少し残念ではありましたが,それはそれ。エロテキストなども丁寧ですし,Hの尺・量とも多いので,エロ目的の方には大いにお薦めできると思いますね。
 ただ,(1)塗りがやや粗い……というかくどくて暗い。BLACK PACKAGE系列の凌辱ゲーと同じタイプの塗りをしている(特に肌の色と陰影)ので,折角の大越氏の可愛い絵柄を上手く活かせていない感があったのが残念。個人的にはもう少し明るめでさっぱりとした塗りの方が良いと思うのですが。(2)Hにおいて特殊属性がほとんど無い。若干凌辱的な要素が混じることがありますが,基本的には和姦が中心。処女破瓜Hや卑語Hはありますが,それ以外の特殊属性(アナルH,輪姦など)は皆無に近いので要注意。
 全体としては絵は綺麗だし,エロも充実しているので良いのではないかと思います。特に着衣Hスキーや処女破瓜Hスキーにはお薦め。

【シナリオ】B−
 「エロ重視ゲーのシナリオ」ととるか,それとも「純愛系ゲームのシナリオ」と取るかで評価が分かれるかも知れません。
 まず,本作のシナリオを「純愛系ゲームのシナリオ」ととると,やや力不足の感があることは否めません。話の展開が全体的に性急すぎて,唐突に出会い,唐突に結ばれ,唐突に終演を迎えるように感じられてならないからです。キャラとの出会いが突然すぎる上に,数日後にはたいしたやりとりもなくHになだれ込んでいたりするので,違和感を感じましたし,またキャラの魅力を引き出したりキャラへ萌えさせたりすることも出来ていない(早紀とかはなかなか上手いと思いましたが)。それに,突然主人公が鬼畜に変じて凌辱まがいの行為や覗きなどをしたり,見ず知らずの人と出会い頭に野外Hに及んだりするので,何がなんだかわからなくなることもしばしば。会話テキストも堅めで違和感がありますので,キャラ同士の洒脱な会話のやりとりを重視される方にも厳しい。全体的に話の筋は平凡なので,シナリオに感動・泣き・萌えなどを求められる方にはお薦めできません。
 他方,「エロ重視ゲーのシナリオ」ととった場合には,なかなかの評価を出せるのではないでしょうか。平凡な恋愛話が殆どですが,一応しっかりと話を展開させていて破綻させてはいません。また,所々に笑える要素を盛り込んでいます(ただ,その大半が「アホすぎてつい笑ってしまう」という笑いなのが辛いところですがw)し,上手い具合に高頻度にHが入れられるよう工夫して話を作ってあるので,シナリオとしての技巧・内容の練度や斬新さに拘らなければ,満足とはいかないまでも,納得できる出来なのではないかと思います。取り敢えず,「エロだけゲー」とはなってないと思いますね。
 個人的には「エロ重視ゲーのシナリオ」と解していますので,比較的高めの評価を出しました。ただ,やはり少し純愛系のシナリオとして修練を積んで,読み応えのあるシナリオにして欲しいなあというのが本音ではありますが。あと,場所移動型ADVというゲームシステム自体が話をブツ切りにし,各キャラの魅力を損ねてしまっている面があったのも残念。
 なお,攻略したキャラにつき,そのキャラの視点からそのシナリオ全体を回想する「いけない★日記帳」という機能があるんですけど,これはなかなか良かった。主人公視点じゃなくて女の子の視点から話を振り返るのは悪くない発想だと思いますね。

【結論】B+
 「エロ重視ゲーとしての完成度は高いが,シナリオのレベルが低めで話がエロのオマケになってしまっている点は残念」。シナリオとエロの高レベルでの融合には遠く及ばず,といった所だと思います。良くも悪くも「エロ」ゲー。目指している(と思われる)もの・目の付け所はいいだけに,これでシナリオを充実しゲームシステムをどうにかしていれば,巷で評判になるようなゲームにも成り得たと思うのですが。残念。

 好きなキャラ→工藤かずさも良いけどやはり森下早紀。空回り気味なところがなかなか。餃子イイ!


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る