FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 淫陽師
 メーカー名:フルーツ
 発売日:2002/12/06
 メーカーホームページ:
http://www.beco.comlink.ne.jp/       評価:E+(20点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 えー……なんというか,久しぶりにやっちった(地雷を踏んじった)と感じたソフトです。紹介してみましょうか。あんまり書くべきことがないんですけども……。

【システム】D−
 まずシステムですが,使いにくい……。エンディングのスタッフロールがとばせない,スキップに既読/未読の区別がない,戦闘画面の無意味なアニメーションがとばせないなど,問題は多いように感じました。はっきり言ってイライラしてきます。

【音楽・音声】音楽:C,音声:B
 音楽は並。これといって特徴はありません。また,音声も並ですが,こちらは健闘。エロシーンの演技等にも問題は無かったです。

【絵】B+
 担当は「しなのゆら」女史。同人でも有名な方らしいです(あまり同人誌には詳しくないので説明は致しかねますが)。絵は塗りも含めてなかなか綺麗だと思いました。コスチュームのデザイン等も含めて○。絵柄的にあまり炉利っぽくなくて,個人的には良かったです。

【エロ】B−
 エロですが,比較的描写は丁寧だと思います。回数も割と多いですし。ただ,純愛Hに比べてレイプシーンの描写がはしょりすぎのように感じました。あと,真木のHシーンで,前のシーンではニーソックスを脱がしていたのに次のシーンではまた穿いていて,さらにその次のシーンでまた脱いでいた,というのがありました。こういう矛盾はチェックして直しておいて欲しかったです。てか,ニーソックスはH中ずっと穿かせておけ,と。
 個人的にはソックスやストッキングに対する制作者のこだわりのなさに(ノ`д´)ノ ┫:・’.:うがああー!! でした。

【シナリオ】E
 で,最後はシナリオ。はっきり言ってつまらないです。中途半端。別に泣かせるような感動的な出来ではなく,かといって萌(燃)えるものでもない。なので,せっかくある程度H描写が丁寧なのに,キャラが立っていないのであまり抜けない。しかも初回プレー2〜3時間と短いので「え,もう終わり!?」と思ってしまいました。
 それに,エピローグ後に第4章という形でヒカルのことが語られるのも構成上かなり不自然。とってつけたような感じ。そんなのは途中に入れるべきものだろ?と思いました。
 端的に言い表せば,短すぎる&盛り上がらない&つまらないの三連コンボ,ですね……。

【結論】E+
 結論は「つまらない絵だけゲー」。絵以外の全てが中途半端でかつ安っぽい。操作性も×。コスチュームが気に入ったならば購入しても構わないと思いますが,面白さは保証できません。私はプレー中に寝てしまいました……д`;) 久しぶりに地雷を踏んじったなあ,それが率直な気持ちです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る