FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 懐中時計
 メーカー名:Free's
 発売日:2000/10/13
 メーカーホームページ:
http://www.nextftp.com/frees/   評価:C+(55点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 この前阿蘇に行ったらワゴン1,000円セールをやってたので,試しに刈ってみました。昔雑誌で紹介されていた時に着衣Hが魅力的で迷ったものの,結局買わなかったという経緯のある本作。思わぬ拾いものだと思ったのですが,果たして出来の方は……?

【ゲームシステム・内容】
 ゲーム自体は普通のAVGなんですが,懐中時計を用いたタイムスリップとセーブ&ロードを組み合わせるという発想は斬新でした。つまり,1回クリアしてもHappyエンドにはならず,幾度もセーブ&ロードを繰り返して同じ時を行ったり来たりする過程で,物語の謎を明かしHappyエンドへと到達する,というもの。CG回収のために渋々させられるセーブ&ロードに行う必然を与え,ゲームシステムの中に組み込んでしまった手法は上手いな,と感じました。
 ただ,必要な日付(しかも複数日に渡る)でセーブをした上で,必要な時に必要な日付のデータをロードし(ロードする時期は言及されるものの,どのデータをロードしなければならないのかはノーヒント),さらにその上で適切な選択肢を選択しなければならないので,かなり難易度は高いです。もうちょっと「何日のデータをロードしなければならないのか」については作中でヒントを出して欲しかった。

【システム】D−
 動作自体は安定・軽快なんですけど,滅茶苦茶使いにくいです。機能自体不足していて,メッセージスキップとフルorウィンドウ画面の選択しかできません。バックログはおろか,文字・ウインドウを消して後ろの絵を見ることすら出来ない。さらにHシーンの回想がない&セーブが1日のはじめでしかできないので,気軽にHシーンをみて抜くことが出来ない(1日のはじめからだとHシーンを見るまでに結構かかるので)。また,メッセージスキップも(1)既読・未読の判別が出来ない,(2)右クリックを押し続けないとダメ,(3)画面が切り替わるとスキップが一時停止してしまう,とかなり不便。ここら辺,ノベルゲームとしては致命傷だと思いました。

【音楽・音声】音楽:C,音声:なし
 音声はありません。そのくせ発話者が明示されていない(色等で識別できるようになっていない)ので,ちょっと読みづらかったです。やはり本作みたいなゲームでは音声は欲しかったですね。
 音楽は可もなく不可もなく。ただ,ちょっと使うタイミングとかが悪かった気がします。

【絵】B+
 担当は「ダブルユニット」氏。良く存じ上げない方ですけど,絵柄的には結構良いのではないかと思いました。特に,シンプルなデザインながら,それが却って着衣Hに最適でかつ扇情的になる制服デザインなどは,とても良かったです。個人的には,制服はこういうオーソドックスなデザインの方が好きですね。あと,さりげにハイソックス・ニーソックス・通常のソックスが完備されているのも○。
 ただ,絵によっては顔が別人になってしまうような,絵柄の不安定性はややマイナスかな。あと,明日菜(メインヒロイン)のソックスが毎回違う(純白だったり横線が入っていたり紺だったりする)のが非常に気になりました。H前まで白だったのがHシーンでは急に紺になる,みたいなのは流石にどうかと。ここら辺,しっかりと注意して欲しかった点ですね。

【エロ】B
 エロ絵的には満足。着衣Hが中心で,かつ純愛・陵辱ともに兼ね備えているので,個人的にはかなり抜かせて貰いました。ただ,テキストの描写は淡泊で薄めですので,テキスト重視派には厳しいか。
 あと,一部ルートで寝取られがある(バッドエンドとしてあるものは回避可能だが,あるキャラでは回避不可能。タイムスリップで無かったことになるだけ)ので,その手のシチュがダメな方はちょっと嫌になるかも知れません。あんまり濃いシチュではないんですけどね。

【シナリオ】D−
 で,問題がシナリオ。【ゲームシステム・内容】で述べたように,セーブ&ロードと上手く組み合わせて話を作っている点はとても斬新で良かったと思います。ただ,整合性を持たせることが中途半端で,例えば前ルートで犯人候補に判明した奴と平気でなれ合っていたりするのには首を傾げました。また,最短ルートであっても,何度もヒロインを救うのに失敗してタイムスリップを繰り返すのもどうかと思いましたね。お前は学習能力がないんかい,と。やはりタイムスリップは2〜3回に留めておいた方が話としては引き締まったと思います。それと,何故懐中時計でタイムスリップが出来るのか,そこら辺の所もあまりよく説明されていない点は残念。さらに,ノベルゲーだけに誤字脱字が多いのも気になりました。
 でも,そんなことは些末なことです。この作品の最大の問題点は…………エンディング。エンディングでヒロインを殺害してきた真犯人および殺人の動機がわかるんですけど,そんなことのためにお前は人を殺したのかと。私はプレーしていて,あまりのくだらなさとしょうもなさに愕然としました。まるで,ライターが話に収拾をつけるためにムリヤリ結論をこじつけたかのようです。折角タイムスリップものとしては健闘していて,真犯人が誰か,そしてその動機がなんなのか,楽しみにしてプレーしていたのにガッカリ。ちょっとこれはどうかと思いました。

【結論】C+
 「発想は良いんだけど詰めの甘い作品。使いにくいシステムとこじつけのようなエンディングが大幅減点」。シナリオ・ゲームシステムについては発想が良く,また絵・エロとも頑張っていただけに,最後の結論部分のおざなりさとシステムの悪さが大きく足を引っ張ったと思います。目立ったバグ等も無く,ゲーム内容的にも健闘していただけに残念。ここら辺を改善できていればBまではいったと思うんですけどね。今後に期待かな。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る