家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 満淫電車
 メーカー名:BISHOP
 発売日:2003/05/23
 メーカーホームページ:
http://www.bishop.gr.jp/   評価:B+(75点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 私,「水島☆多也」氏の絵って凄く好きなんですけど,BISHOPゲーって「痛い」ゲームが中心なので,今までずっと敬遠していました。でも,今作は痛い要素がないようだし,しかもパッケージの裏に載っていた千尋の制服Hが凄くよさげだったので初チャレンジ。果たして出来の方は……?

【ゲームシステム・内容】
 基本はマップ移動型AVG。ただ,選択肢を組み合わせたりうまくタイミングを計ったりしないといけないので,結構難易度は高め。Hシーンも膨大な数があるので,フルコンプまでの道は険しいですね。
 あと,面白いのが,収集したHフレーズを使ってヒロインを籠絡する痴漢バトルがあること。バトル自体はため込んだHフレーズを大放出すれば済むのでたいしたこと無いんですけど,このHフレーズの収集は笑わせて貰いました。甘栗が落っこちていたのを見てクリトリス系のHを想起するとか,この主人公,想像力ありすぎ(w。

【システム】A−
 システムの動作は安定かつ軽快。機能も充実していてプレイアビリティはとても高いです。システム地雷の多い昨今,今作のようにシステムが使いやすいと安心して抜けますね。
 ただ,若干カーソル移動後や選択後のレスポンスが鈍めなのと,CDレスでプレーできない点が残念。特に後者は,抜きゲだと大きな減点ですね(HDに予め入れといて,気が向いた時に起動して抜くのがヌキゲーのあるべき姿だと個人的には思っているので)。

【音楽・音声】ともにB+
 音楽は,どっかで聴いたことのあるような曲が中心(個人的には「EVE」シリーズとかで耳にしたことのあるような曲調に感じました)で,印象に強く残るものこそ無いものの,場面には合っていて良かったのではないかと思います。
 音声は実力派声優陣が揃っていて◎。一部演技に「?」がつく方もいらっしゃいましたが,基本的には皆上手くて,大いに抜けます。ただ,音声がHパートだけで日常会話にはつかない点は×。個人的には卑語とかを減らしても良いから,日常パートにも音声を入れて欲しかったです(私は結構日常会話を重視する傾向があるのでそう感じました)。あと,若干音質が悪かったような気がします。特に,遥香(@カンザキカナリ女史)の声で顕著かと(女史の声質と相俟って,反射音のように聞こえてしまいました)。音声自体は良いだけに勿体ない。普段は気にならないんですけど,今回は特に思ったので付言しておきます。

【絵・エロ】ともにA+
 絵の担当は「水島☆多也」氏。素晴らしい。若干立ち絵などで乱れがあったりしますけど,殆ど気になりません。特に,徹底して着衣Hを描かれるのは◎。服飾のデザインもとてもイイですし,Hの時の着崩し方も文句なし。その中でも特に,千尋との制服着衣H(×2回)が個人的に激しくツボで,何度抜いたかわかりません。着衣Hスキーなら間違いなく満足のいく出来だと思いますね。
 本作は痴漢ものとなっていますが,実際にはお触り程度の痴漢については本番前の前技として出てくる程度の扱いで,メインは多人数での着衣H(レイプや3Pなど)になります。個人的には痴漢には余り興味が無くて,ともかく着衣したままでの本番行為をたくさん見せて欲しいと思っていたので,エロに関しては大満足です。
 あと,この作品,卑語を売り物にしていますが,当方には卑語の知識・属性が殆どないので,この点に関しての言及は差し控えさせて頂きます。個人的には,卑語モードを別途選択できるようになる,みたいに必ずしも全てのプレーヤーに卑語プレーを強制しない点は好感触でした。
 ただ,このゲーム,結構難易度が高めなので,気軽にエロが出せる,というものでは無いので注意。ここら辺,「エロ」ゲーとしての実用性・簡便さを求められる方には辛いかも。頑張ってマップ上を徘徊→エロシーン回収→2回目以降は回想モードで,というのがヌキゲーとしての使い方かな。

【シナリオ】D+
 担当は「神門武士」氏。まあ,痴漢ものの常として,シナリオはあって無いようなものです。痴漢をして籠絡したヒロインがいつの間にか主人公にぞっこんになってゴールインみたいな,痴漢もの特有の,普通だとあり得ないようなシナリオが定石通り展開されてます。なので,シナリオに期待される方には×。
 ただ,以外とテキストの出来は良いです。ってか,笑えます(w。【ゲームシステム・内容】で述べたようなことが目白押し。それとか,女かと思ってさわっていたら実はそれが中年オヤジの脇腹でガッカリとか,アホすぎます。それ以外にも,イイ感じで主人公のDQNさ,身勝手さが出てる点は○でした。

【結論】B+
 「かなり高レベルの“エロ”ゲー」。システム充実・軽快・安定,音声グッド,絵最高,とエロゲー・ヌキゲーとしては最高のコンディションになってます。値段も安いですし,抜き目的・実用性重視の方には安心して薦められます。他方,シナリオ等が弱く,エロ以外の売りどころがないので,シナリオ重視の方やエロゲーに付加価値を求める方には厳しいかな。
 個人的には,ここまで徹底して「“エロ”ゲー」としてエロを追究されると清々しく感じます。それに,殆どが着衣Hというのもポイント高し。やっぱやるからには徹底しないとね。ゲームとしての評価ではこんなものですが,個人的には大いに抜かせて貰って大満足な作品。良い買い物をさせて貰いました。

 (´-`).。oO(個人的には卑語ゲー・痴漢ゲーよりも着衣Hゲーとしての印象が強かったなあ)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る