家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 マージ〜Marginal〜
 メーカー名:アクトレス
 発売日:2003/01/24
 メーカーホームページ:
http://www.actress.ne.jp/   評価:B(70点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 魅力的な絵に惹かれて購入を決意。でも,延期のせいでメーカー通販で入金してからかなり待たされていたので,絵を見てその場で購入を決意,というのではなくて,「忘れたころにやってきた」っていうのが本当なんですけどね(苦w。

【システム】C+
 システムの出来自体は決して悪くありません。動作は安定しているし,動きも軽快。また機能も必要な物は完備されていて,安心してプレー出来ます。ただ,選択肢でしかセーブできないのは大問題ですね。特に本作のように個別ルートに入った後の数時間,一切選択肢の出ない(=一切セーブ出来ない)ゲームでは最悪。ここら辺はもう少しちゃんと考えて欲しかったところですね。セーブの役に立ってないセーブ機能なんて,全く無意味な存在ですからねえ。


【音楽・音声】音楽:A−,音声:C+
 音楽については素晴らしい出来でした。特に主題歌「You can fly」は珠玉の出来ではないかと思いますね。久方ぶりに聞き応えのある音楽だと思いました。(注:音楽に関しては盗作疑惑等の問題があるようですが,私は基本的に作品の出来で評価を出すべきだと思っているので,ここでは考慮に入れていません。正式には「誤用」ということのようですし)

 一方,音声については普通〜やや下手レベル。マージなどは非常に良かったんですが,一部演技力に疑問を抱かざるを得ない方もいらっしゃったので,このように判断しました。あと,やはり戦闘の時などは効果音が欲しかった。本作のように戦闘シーンがある作品で,ただ効果音部分をテキストで描写していても,それだけでは全く臨場感が出ないので。もう少し演出には気を払って貰いたかったですねえ。


【絵】A−
 担当は「Phonon」氏。「アクトレス秘蔵・とっておきの新人さん」(雑誌より)とのことですが,そういうだけはあり,絵が可愛くて非常に良かったですね。絵にエロさとかは皆無ですし,それに描写角度によっては異様に身体が細くなる等のデッサンの狂いがあったのは残念ですが,でも萌えゲーの絵としてはかなりのレベルだと思いました。てか,みんな可愛いのう……ハァハァ。Good Job!!


【シナリオ】A−
 担当は「小林且典」氏。で,出来ですが,キャラ立ては見事の一言。滅茶苦茶キャラ立てが上手いですね。しっかりとキャラを立てているので,日常会話などでかなり萌えさせてくれます。特にマージの可愛さときたらもう……(;´Д`)ハァハァ。あと,ヒロインたちの「正体」と日常の様子・行動が整合している点や,どの選択ルートを選択してもちゃんと共通ルートに繋がる点も良いです。全体的にすっきりしていてかつ整然としたシナリオだと言えると思いますね。◎。

 ただ,一方で,シナリオ全体の運びは個人的には余り上手いとは思いませんでした。特にメインとなるマージルートは,悪くはないんですけど,はっきり言って作品全体からは浮いていたと思います(あれだけ明らかに毛色が違うし,展開も急すぎてプレイヤーがついていけない面がある)。あれをつける位なら,他のキャラと同様の,マッタリとした個別エンドをマージにも欲しかったなあ,というのが正直なところです。ここら辺,中途半端に感動要素を持ってこようとして失敗してしまったのではないかなと個人的には感じました。


【エロ】E
 本作最大の問題点。最近の作品の中ではちょっと吃驚するような薄さでした。CGも少ないですし,Hは原則全裸Hのみ。それに,画面がフェードアウトしたままでテキストだけでHシーンがおしまい,っていうのが多かったのもどうかと思いました。しかも,これでエロテキストが良いなら,まだどうにかなったと思うんですけど,でも本作のエロテキストは長いだけで稚拙。「××のあそこにボクのモノを入れる」レベルじゃいくらなんでも抜けません……。申し訳ないですけど,私は一度も抜けませんでした


【結論】B
 「エロゲーではなくギャルゲー。エロの薄さは大問題」。凄まじいまでのエロ薄(F&Cレベル以下)というのは,ちょっとどうかなあというのが本音ですね。明らかにコンシューマ向けの作品です。私としては,流石にこれほどまでにエロの薄い作品を「エロゲー」と呼称するのは憚られますね。シナリオの出来やキャラへの萌え等は良いだけに,コンシューマ作品だったらもっと高評価を与えてもしかるべきだと個人的には思っています。でも,エロゲーとして出す以上は,もっとエロをしっかりとしてくれないとダメだよと個人的には思いました。……アクトレスって,普段はもっとエロの濃厚な作品が多かったような気がするんだけどなあ。やっぱコンシューマ移植を前提に作っていたのかしらん。

 マイ萌えキャラ→文句なしにマージ。あの「くぅ〜ん…」っていうのが溜まりませんねえ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る