FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 MISSION OF MURDER
 メーカー名:ミンク
 発売日:2002/12/13
 メーカーホームページ:
http://www.mink.co.jp/       評価:A−(80点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 雑誌で見たCGの美しさ(特に棗)と,意外と遊べそうな予感のする体験版の出来に惹かれて購入しました。AVGは食傷気味だったので,単なる紙芝居でない,遊べそうなRPG仕様に期待していました。12月発売ソフトの中でもかなり期待していた作品。

【絵】A+
 原画担当は「夢恋落」氏。艶っぽさがあって大変よい出来映えだと思います。個人的にはかなり好みの絵です。現在の炉理傾向とは逆行する絵柄ですが、アンチ炉理の私的にはクリティカルヒットな絵柄でした。また、着衣Hが多く、かつその構図(描写する角度や服の脱がせ具合、靴下・ストッキング描写など)も素晴らしい。さらには塗りもアダルトな雰囲気が出ていて、抜きに大いに貢献していると思いました。大満足。

【システム】C
 必要な機能はほぼ網羅されています。動作も軽快。ただ、バックログがないのがやや痛い。あと、私の環境下では数分に1回の割合でフリーズするという不具合が生じました(数秒待つと元に戻るのですが)。

【ゲーム内容】
 3Dダンジョン型RPGとEVE風AVGの混合です。RPG部分は正直いまいちでした。オートマッピング機能があるんですが、上が北、みたいに方角が固定されないので、よく見ていないとどっちの方向に進んでいるのかわからなくなります。なので、せっかくの3Dダンジョンなのに、ずっと左上のマップばかりを見る羽目に。また、ラストのダンジョンを除き、ボスとの戦闘以外にイベントがないのは残念。あと、戦闘においては敵味方を問わず回避率が高い&ダメージ量がまちまちなので、敵1人倒すのに数分はかかるのも、マイナスかと思います(命中と攻撃を重点的に上げれば大丈夫なようですが,バランス良く成長させようとすると死にます)。
 一方AVGパートは懐かしさあふれる総当たり式。EVEあたりの雰囲気がします。たまにお遊び的要素もありますし、個人的には懐かしくて良かったのではないかと思いました。

【音楽・音声】音楽:B,音声:D
 音楽は、DOSゲー時代にこういう音楽流れてたなぁと思わせるような、懐かしい感じのものでした。特に戦闘シーンの音楽などは躍動的で作品をよく盛り上げていたように思います。結構良くできているのではないかと。
 一方、音声は下手(H・通常ともに)。はっきり言って新米レベルだと感じました。なんか、音声がエロゲーに入りたての頃のような下手さでした。

【演出】
 ムービーはなかなか格好良いです。上手くアニメーションを使っています。一方、作中の演出に関しては、映像の無いシーンが多かったのが気になりました(たとえば、地下道に潜ってもその地下道の背景が無く真っ暗なまま、など)。正直これは手抜きだろう、と思いました。

【エロ】B
 評価が分かれるところと思います。CG重視派および着衣Hスキーには◎。それに対して、抜きに際してテキストを重視する人にとっては、「グチュグチュ」ばかりなので駄目だと思います。あと、エロの内容ですが、触手Hや輪姦含め、主要なシチュはおおむね網羅しています。ただ、(1)輪姦が1回のみ、(2)強姦はあるが主人公の能力で和姦化するのが殆ど、(3)アナル・スカ等の特殊プレーがない、以上3点は要注意。これらのせいでややエロが薄い印象有。特に(1)、(2)は意外でした。

【シナリオ】C
 で、問題はこれ。「メリケン」氏担当のシナリオ。内容は「なんでもあり」のシナリオ。最初、ハードボイルド風味で行っているな、と思うと次第にそれがきな臭くなり、終章あたりになるころには熱血もの+似非ファンタジー+慈善感動、の3連コンボ。そしてラストの戦いの頃には「拳から悲しみが伝わってくる」「拳で語り合う」的展開。で、エンディングで無理矢理ハードボイルドに戻ってくるかと思えば、純愛展開へ。
 はっきりいって、なにがやりたいんだかさっぱりわかりません。このゲームに関しては、このごちゃ混ぜな、ご都合主義的なシナリオを許容できるかが最大の鍵。笑って済ませられるなら買っても満足できます。駄目なら地雷かも。取り敢えず、売り(多分)のハードボイルドさは全く出ていません。

【結論】A−
 結論は「DOSゲーの香り漂うお子様ランチ」。ともかく何でも入っています。ゲーム内容・シナリオ等、絵以外の全てがB級かつDOSゲーっぽいのですが、逆に何でも入っているので微妙なお得感みたいなものを感じました。取り敢えず、OHPの体験版をやってみて、「うわっ、だめだこりゃ」と思った人は回避が賢明かと思います。逆に、私のように体験版をやって、「買っても良いかな?」と思った人は購入しても後悔はしないでしょう。体験版がよいメルクマールになると思います。個人的にはかなり抜けましたし、結構長時間遊べたので十分元はとったと感じています。絵は最高ですしね。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る