FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 ぷにつま〜奥さんはあなた色〜
 メーカー名:ぷちぱじゃま
 発売日:2003/08/29
 メーカーホームページ:
http://www.pajamas.ne.jp/        評価:B(70点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 絵,とりわけレースクイーン&セーラー服の絵と,妻の性感を開発するという設定に惹かれて,購入を決意しました。

 なお,私の攻略メモはここにあります。亜夜パートのSexual Play Menuのマトリクス(マニュアル掲載のものをコンプリートしたもの)と各エンドへの行き方,とりわけハーレムエンドの出し方を中心に掲載しています。

【ゲームシステム及び内容】
 Hするかどうか,そしてもしHするならどういうHをするかだけを選んで,あとはひたすら妻&義妹とHに励む育成型SLG。Hすることで,そのHの種類に応じてPointが加算されるというゲームシステムを取っています。育成型SLGは総じて操作が煩雑になりがちで,個人的に作業感タップリ→やる気が失せがちなんですが,本作は適度にゲームシステムを簡略化しており,肝心のエロや話がゲームシステムによって阻害されることがありません。このゲームバランスの良さは個人的に高く評価したい。

【システム】B−
 見た目・機能とも,かなり洗練されているように感じました。過不足無く機能が整備されている点や,強制終了等が起きることなく安定して動作している点は○。
 ただ,(1)バックログ時に音声再生が出来ない,(2)メッセージスキップが時折極度に遅くなる,(3)イフェクトを速度重視に変えてもまだイフェクトの切り替え等が遅くイライラする,(4)セーブ・ロードがシステム画面を呼び出さないと使用できない(数回クリックする必要がある),以上4点はマイナス。とくに,(3)はかなりタルかったです。もう少し画面・イフェクトの切り替えがスムーズにいくと,もっと快適にプレーできたんですけどねえ。

【音楽・音声】音楽:C,音声:A
 音楽については,正直余り印象に残る出来ではなかったです。可もなく不可もなくといったところ。ただ,作品の雰囲気には良く合っていたとは思います。
 他方,音声は文句なし。おっとりとした桜宮由姫(@本山美奈),小悪魔的な桜宮亜夜(@北都南)とも,演技力抜群で大変良かったです。特にエロシーンでの破壊力は凄く,久方ぶりに全裸Hにも関わらず抜かせて貰いました。◎。
 なお,本ソフトは高音質・低音質の2通りが選択できるようになっています。私はあまり耳が良くないので低音質で十分なんですが,ノイズ等が気になる方や綺麗な音質で音声を楽しみたい方には非常に嬉しい配慮なのでは無いでしょうか。ただ,高音質だと1GB以上容量を食うのが問題ではありますが。

【絵】B
 担当は「東雲一彦」氏。個人的には好みの絵柄。特に,本作のような比較的キャラ年齢の高いゲームには最適の人選だと思いました。絵も綺麗かつエロティックで,とても良かったです。また,システム画面や回想画面等のデフォルメ絵も可愛くてグッド。ただ,絵柄に不安定なところがあるのがややマイナス。立ち絵は良いんですが,エロ絵で角度によっては5歳くらい若返って見えたりすることもあったのは気になりました(亜夜の騎乗位絵とか)。また,複雑な体位だと身体のデッサンが崩れ気味なのも少し気になったところですね。

【エロ】A
 非常によいです。絵の良さと声優の演技の巧みさが相俟って,かなり抜けます。先にも書きましたが,個人的には久方ぶりに「全裸Hでも抜けた」ゲームですね。また,意図的にコスプレH(レースクイーン,ナース服,バニー,ブルマ,セーラー服,裸エプロンなど)を導入している等,エロ充実に力点を置いているその姿勢は,エロゲーとしては高く評価したい。
 ただ,(1)ナース服のみ何故か本番Hがない,(2)差分絵が極めて多く(場合によっては10枚強),実際の絵の数は少ない,以上2点は残念。これさえ克服できていれば文句がなかったんですけどねえ。

【シナリオ】D+
 担当は「鏡裕之」氏。正直,シナリオは皆無に等しいです。離婚して家に飛び込んできた義妹の誘惑を受けながら,奥さんの性感帯をマターリと開発していくのが全て。ですから,話的にはあまり注目に値するような要素はないので,シナリオ重視の方には厳しい。
 ただ,(1)義妹との浮気という暗めの要素がありながらも,基本的には暗い展開にはならず,終始明るい雰囲気で話が進む点,(2)義妹とのエンディングが無い点,この2つは評価したい。特に(2)は,亜夜エンドが無くて残念という気持ちもありますが,しかし,ここで「姉から夫を寝取る」みたいな設定をいれてしまうと,折角作った作品の明るい雰囲気を台無しにしてしまい,しいては作品全体を破綻させかねないからです(個人的には,純愛系ゲームでの寝取り・寝取られには相当の設定・必然性が必要だと考えているので)。また,亜夜エンドがない事への不満を,ハーレムエンドでフォローしている点も良かったのではないかなあと思いました。
 →(2003/09/04訂正)……と思ったんですが,実は亜夜ルートが存在しました。しかも,見事に姉の夫を寝取る展開になっています。そのようなシナリオですから,当然このルートに限っては暗めの展開となります(一応ハッピーエンドではありますが)。寝取りものとしては基本を押さえた結末になっているし,亜夜のエンディングもあると話のバリエーションが増えて良いと思う(亜夜自身,魅力的なキャラなので,亜夜と結ばれるというのもまた一興)反面,やはり苦悩し傷つけられていく由姫を見るのは忍びないというか何というか……。このルートのみ,他のルートにはない後ろ暗さ・重さ・鬱みたいなものがあります。個人的にはうーん……,というのが率直なところですね。話の運び・やり方としては上手いんだけど,どうも釈然としないというか……。やっぱ寝取り・寝取られは難しいですなあ。

【結論】B
 「確実に3,980円の価値はある作品。エロの充実度に感心」。8,800円帯の作品としてでたならば流石にボリューム不足の感はありますが,ロープライスでの作品としては申し分ない出来だと思います。ストーリーでは売り物になりませんが,エロは8,800円の作品にも負けない充実度。エロ重視の方や明るいHを満喫したい方には大いにお薦めできます。決して名作の類ではないですし,長期に渡って印象に残るようなゲームでもないですが,そつなくゲームをまとめ,その上でエロを充実させているそのメーカー側の姿勢は高く評価したい。個人的にはかなり良い買い物だったと思いました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る