FX自動売買
恋活
家電バーゲン
放射能測定器

 すめらぎの巫女たち特別版
 メーカー名:D.O.
 発売日:2003/02/07
 メーカーホームページ:
http://www.do-game.co.jp/         評価:A(90点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 旧作のシナリオが気に入ったので,メーカー通販で購入。新たに書き下ろされた新ルートに期待。

【動作障害】
 私の環境に依存する障害かもしれませんが,ゲーム起動時に「3Dアクセラレーターを使用しない」にチェックを入れないと,ゲームが起動しないばかりかパソコン自体がフリーズしてしまうという不具合が生じました。ちょっとこれは困りましたね。

【システム】C
 必要なものは一通り揃っていますが,動作が重い。文字の表示速度やメッセージスキップ速度等も遅いので,ややイライラする面がありました。あと,今作みたいなシナリオ重視の作品には,バックログの音声再生機能も欲しかった。
 それと,セーブ数は50個。記憶が定かでないんですが,確か旧作は30個?しかなかったような気がします。今作のように話が多岐に分かれるものではセーブ数増は助かりました。
 上述の動作障害もあったので,評価としては低めに。

【絵】B+
 旧作と同じく「雪一夜」氏。癖の強い絵柄ですが個人的には良いのではないかと思いました。作中に旧作と新作の絵が混在しているせいか,この方の成長具合が手に取るようにわかります。旧作に比べて絵はかなり良くなりました。色気もでてきたし。あと,エロ絵や立ち絵の一部で修正が加わっていました。大分良くなったのではないかと。

【音楽・音声】音楽:B,音声:A
 音声は旧作と変わらない布陣で(無論追加シナリオでも)文句なし。沙夜役のMIWAKO女史をはじめ演技力はバッチリ。しっかりとゲームを盛り上げてくれます。一方音声も旧作と同じでやや仰々しい曲調が多いものの,作品に良くあっていますね。

【ゲームシステム】
 タクティカルシミュレーションゲームということですが,出来は微妙。少なくともタクティカルではないです。一部終盤のステージは厳しいところもありますが,基本的には適当に敵にぶつけていくだけで勝てます。旧作からの改善点はありません。まあ温ゲーマーの私としてはこのくらいがちょうど良いのではありますが。とりあえず戦闘パートだけを期待して買うのはやめておいた方がいいのではないかと思いますね。

【シナリオ】A+
 本編シナリオ・追加シナリオともに「北川寒囲」氏が担当。はっきりいってこのゲーム最大の売りはシナリオですね。旧作のインプレの時も述べましたが,シナリオの出来が他作を抜きん出ています。奇抜な設定などではないのですが,しっかりと話の流れをつくっており,プレーしていて引き込まれます。ほのぼのとした日常から始まって,世界を左右する戦い,果ては神に対する挑戦まで,骨太なストーリーが展開されます。某コンシューマのパクリとよくいわれていますが,個人的にはこちらの方が遥かに優れていると思いますね。王道路線志向かつシナリオ重視の方には大いにお奨めします。
 ただし,追加シナリオ(覚醒編)は2・3時間のコンパクトな出来で,選択肢・戦闘等もなし。話の内容も展開が急すぎかつ平板な感じは否めませんでした(強姦系Hを入れるためだけのものと感じましたね)。なので追加シナリオ狙いで買うのはお奨めできません。

【エロ】B−
 本編パートは,旧作同様比較的エロは薄いです(殆ど変わっていないので当然とは思いますが)。対巫女Hは強姦が中心なのですが,すぐに主人公の能力で感じ始める&従順になるので,結局は和姦ものと考えて頂ければいいと思います。ただ,先に【シナリオ】でも述べましたが,旧作のエロが薄いという批判を覚醒編でフォローしようとしている面があります。ここでは敢えて主人公が能力を使わないでキャラを苦しめたり,結局使徒にしないで強姦→殺害してしまったりします。またHも一部例外を除き強姦H&着衣Hです。このシナリオでは主人公が強気になるのでやりたい放題。ですので,本編+覚醒編ではエロの分量は結構多くなるのではないかと。

【結論1】<旧作未プレーの方向け>
 「重厚なシナリオを味わう大作,SLGパートは飽きさせないためのおまけ」ですかね。個人的にはSLGも楽しめましたけど,単品で売れるほどの出来ではありません。ただ,旧作と違いSLGパートをスキップできる(しかも使徒の捕獲の有無も戦闘後選択できる)ので,シナリオを純粋に楽しみたい場合やSLGをやる時間がない場合にも対応できます。ここら辺,ヘタレゲーマーの私には大いに助かりましたね。まあSLGパートをとばしてもシナリオがかなりの大作なので結構時間がかかるのですが。あと,本編シナリオの人間編・邪神編・真実編はどれも良くできていて引き込まれます。ですので,全ルートを制覇することをお奨めします。ややシステム周りが重い点は気になりますが,作品としての出来は良いです。追加ルート・追加H・戦闘スキップも有ることですし,旧作を買うよりはこちらの方が良いのではないかと思います(ただ,現在では入手困難なようですが……)。とりあえずこの作品は大いにお奨め。

【結論2】<旧作プレー済の方向け>
 キャッチフレーズは省略します。取り敢えず旧作よりも完成度自体はあがっています。ただ,追加シナリオや追加Hの為だけに購入するのは正直お奨めしかねますね。CD版を買ってさらにDVD版を購入する,までの価値はないのではないかと思います。作品自体の完成度は上がっていますが,だからといって全くの別物,というわけでもないので。旧作で気になった点がいくつか改善されている程度とお考え頂ければ。でも,戦闘スキップを使ってシナリオをじっくりと味わいたい方や,旧作を中古屋に売っちゃったから再度買い直したいという方にはお奨めできます。なお,私は買って損したとは思いませんでした。ゲームとして面白いのでとても満足しています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る