FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 もふ×もきゅ〜ご主人様のお世話します〜【投稿者:GF長官さん
 メーカー名:Witch
 発売日:2004/05/28
 メーカーホームページ:
http://www.witch.gr.jp/        評価:B−(65点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  当サイト常連のGF長官さんからレビューを頂きました。ありがとうございます!
  私とはひと味違う着眼点・項目での詳細レビューをお楽しみ下さい。


魔女作品といえば「Milky way」が有名ですが、
逆に言ってしまえばアレ以降いまいちパッとした作品が無く、
期待して買うと地雷という作品が多かったのは事実。
去年も私は2本ほど買いましたが、とてもじゃないですが
最後までやる気が起きたのはありませんでした。
で。今回のお題(?)「もふ×もきゅ ご主人様のお世話します」。
スタッフも好きな原画家さんでもないですし、シナリオさんもよく知りません。
ただ、デモの造りは相変わらずいいのと、レポートでテンパって
善悪の判断がつかなかったこともあり(ぉ、何故か購入w
ようやくある程度スケジュールが楽になってきたこともあり、プレイ。
さて、出来の程は・・・。


【システム】B+
魔女のシステムは元々出来はいいのであまり心配してませんでしたが、
今回新しく搭載されていたのがC.S.S(Chapter Select System)。
段落ごとに話を途中から再生できるようにあらかじめフローチャートのマップ図があり、
任意の段落にカーソルを合わせるとそこの段落名が表示されて
クリックすればそこから話が始まるというものです。
簡単に言えば、選択肢と場面変換でのセーブが元々メモ書き付で
デフォ装備されているといったところでしょうか?
Fateの段落ごと飛ばすシステムの発展版と考えていただければ間違いないですかね。
ただ、メニューの呼び出し方が若干特殊なのと、メニュータブの小ささ、
タイトル画面が無い(おまけ要素はC.S.S画面から呼び出し)のは
説明書読まないと最初は訳わからなくなります。
その辺がマイナス要素ですね。
後、回想メニューを積んでないことでも有名だったwitchですが、
今回はC.S.Sの一部として回想シーンの呼び出し機能を搭載。
音楽で主題歌が聞けないのはどうかともおもいますがw
後、Fateほどではないですが、立ち絵の変化を使ってストーリーを
盛り上げる手法を使っています。
この手法はプログラマーさんが死にそうになるはずなんですが、
プレイしている方としては場面の雰囲気を捉えやすいので、
これから使うところが増えそうですね。
後、小さなバグと誤字が今の所(6/17日現在)まだそれなりにあるので、
それはちょっと気になりました。
C.S.Sに関してはもう少し改良の余地はありそうですが中々いいシステムでありました。
まぁ今のところ積めるのはヒロインの数が少ないゲームだけになりそうではありますがw
(多人数になるともう少し改良しないとまずいでしょうね・・・ヒロイン毎に別々のマップにするとか)


【音楽】B
可もなく不可もなく。悪くは無いけど印象に残るものは特に無し。
主題歌はテンポがいいので好きな人は好きかも。アキバ系のノリ。


【音声】A
まぁ名のある人たちばかりですし、買う前にこの点についてだけは
全く心配してませんでしたけど。感情変化も皆さんうまいですし。
児玉さんだけちょっと言い回しに苦労していた点が見受けられましたが、
あの口調じゃ確かに苦労するわw
カンザキさんは終盤の喋り方が某大艦巨砲主義メーカーのゲームのキャラと
似たような喋りになるので違うゲームやっている気分になりましたがw
まぁさすがにうまかったですね。


【エロ】B+
殆ど葵との絡みです。葵とのHは調教物のノリです。
翔子との絡みは純愛、後の2人は完全におまけキャラです。
絡みは1〜2回程度でそれも上の2人のルートに便乗してといった形になります。
私的には美咲さんともっと絡んで欲しかったなぁと思う次第であります、ハイ。
葵とは着衣Hのみ。コスHもあります。チュパ音は無し。
絡み方によっては差分さえなくて一枚絵だけで終わってしまうものもあるのは残念。


【絵】B
担当は鳴海鈴音氏。
この方の絵、独特なんですよね。流石に某樋○氏程癖は無いですが、
別な意味での癖がありますね。パースの取り方とかも独特ですし。
後、意図的にやったのかもしれませんが、塗りが荒く感じられます。
まぁ絵にマッチしているので問題ないのかも知れませんがねぇ。
下手ではないんですが、パースの取り方と塗りに違和感を覚えたので
このくらいの評価が妥当かと。


【シナリオ】B
担当はぺーすけ氏
前作がどうも炉系で合わなかったこともあり大して印象に残っていないのですが、
まぁ今回の話の骨子としては狸と知事の話を合わせた物だな、という印象ですね。
そこに色々ネタが仕込んであるのですが、悪くは無かったですね。
中の上といったところでしょうか。
終盤の展開がもうワンクッションあると良い出来だったんですが、
最近終盤のまとめ方にちょっと問題のある作品が多いのはどーしたもんでしょう?
序盤、中盤、EDはいいのに中盤〜EDの間の盛り上げ方がイマイチの作品に
最近良くあたる気がします(海道とか)。
まぁ結局この終盤への繋げ方で凡作か良作か大きく評価が分かれるので、
(序盤中盤で駄目なのは良作にはならないですから)
もう少し気を使って欲しいなと思うところではありますね。
後、EDはもう少し数を増やしたほうが・・・。
途中ゲームオーバーがないのもちょっと張り合いが無いので。
goodEDが二つしかないというのもなんだかなぁと・・・。


【総評】B−
持っているものは悪くないんですが、活かしきれてないといった感じでしょうか。
お勧めは出来ませんが、C.S.Sってどんな感じ?って人は買ってみるのもいいかも。
少なくとも駄作ではないですし、プレイ時間もそんなに大きくはならないので
(私は1周3〜4時間程度でした)気分転換にはいいかも。

お勧めキャラ:女性キャラ4人しかいなくて、2人しか攻略できないのにお勧めも糞も無いのでありませんw


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る