FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 海道【投稿者:GF長官さん
 メーカー名:D.O.
 発売日:2004/04/23
 メーカーホームページ:
http://www.do-game.co.jp/        評価:B+(75点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  当サイト常連のGF長官さんからレビューを頂きました。ありがとうございます!
  私とはひと味違う着眼点・項目での詳細レビューをお楽しみ下さい。

発表が2月。発売予定が3月末。
「そんなに急に出来るものか」と思っていたら
案の定発売2週間前に延期。
何ヶ月延期かなぁ?と思っていたら4月に入る直前に突然、
ネット接続版発売の報が・・・。
ただ、それについての詳細が一切発表されず、発売2週間切って
ようやく詳細発表。しかも説明不足で
その後発売日前日まで修正発表かけるってのはメーカーとしてどうかと。
スルーしても良かったんですが、
絵師さんとライターさんは好きな人なので結局購入。
さて、出来は如何に。

【システム】B−
CDBros系の普通のシステムです。ADVとして必要なものは完備。
これだけだったら普通にAあげようと思っていたんですが、
やはりこのゲームの最大のネックはプロテクトでしょう。
通常版はStarForce3、ネット版はオンラインアクティベーションと
別に積むのは構わないんですが、通常版のプロテクトは初回起動時に、
CDキー入力が必須(cookie保存で実質初回入力のみ)な上、
チェックにかなりリソースを食うので他の作業をしつつ起動は結構PCの負担になります。
さらにノートPC等でやったり、CDドライブの負担を減らすために仮想化しようとしても、
特定のソフトを使わないと無理という、PCに負担をかけるプロテクトです。
ネット版はもっとひどく、起動時に毎回ネット接続して認証が必要な上、
その認証を得るための個人情報の入力を結構詳しく求められる(らしい)ので、
流出した場合の危険性が大きくなるというかなり怖いものです。
私の場合通常版を買いましたが、一度office使用時(ワード、エクセル、パワポ同時起動時)に
気分転換でゲーム起動したら簡単に起動画面がフリーズして、
一瞬officeにも影響があったらどうしようと青くなったことがありました。
プロテクトは著作権保護のためには必要だとは思いますが、
必要以上に正規ユーザーに負担をかけるプロテクトは
間違っているとつくづく思った一瞬でしたね。
従ってこれのせいで評価を落とさせていただきました。
過ぎた鎧は身を滅ぼしかねないですよ、ホント。


【音楽】B+
しっとり系の曲が多く、ゲームによくマッチしています。
ただ、特にキャラごとにメリハリのある曲を使っているわけではないので、
曲数はそんなに多くは無いです。
歌は・・・、あえて触れないことにします。曲はいいんですけどねぇ。


【音声】A
基本的に全く問題ないです。
各々がキャラの性格がしっかり分かれているのを
うまく演じ分けられていますので、
キャラ立ちのメリハリが非常に良くなっています。
掛け合いもテンポ良く、いい感じです。
主人公にも声がついていればもっとよいテンポになった気がしますが。


【絵】A−
担当はことぶきはじめ氏、ぺこ氏。
基本的に一部キャラを除く、シリアス部分をことぶき氏が、
ディフォルメシーンをぺこ氏が担当しているようです。
ことぶき氏の絵は、去年の「れすとあ」の際に散々叩かれていたのですが、
私は嫌いではないので特に抵抗は無かったです。
実際D.O.らしい、絵の崩れ、塗りの甘さはいくつか見られたものの、
「れすとあ」のような酷いものではなく、まぁ標準Lvといったところでしょうか。
今回はぺこ氏のディフォルメ絵がいいメリハリをゲームに持たせているので、
私的には評価できると思いました。
ことぶき氏の立ち絵は一種独特の構図を用いるので、
これは好き嫌いの問題だとは思いましたが、乳がでかくて形がいいので良し(ぉ


【シナリオ】A−
担当は北側寒囲氏(監修)、佐野宗一郎氏(ライティング)
基本的に「雪桜」の南の島verといっても過言ではないかも。
掛け合いは「利明」がネタで暴走しまくることで前作よりいいテンポが出来ています。
まぁ元ネタがわからなければちょっと苦しいかも知りませんが。
とりあえず、ガン○ム、シ○プリ、フル○タネタがメインですかね。
ただ、シナリオ全体としては終盤の盛り上げ方とまとめ方がイマイチなので、
ボリューム不足の感を抱きました。
最初から最後まで同じペースで走るので終盤に物足りなさがグンと出てきましたね。
また、ルートにより完成度に差があると感じましたし、共通ルートも若干多目です。
基本的に作りたい話の筋はわかるのですが、イマイチ膨らませ方が足りない気がします。
特に中盤から終盤の区切りが「新九郎祭」の始まりのようなのですが、
そこからEDまでがそこまで走ってきた流れに比べてあまりにも短すぎる気がします。
終盤でシナリオが長いキャラほど、シナリオの完成度が高い気がしましたね。

<以下愚痴>
・・・というより、EDでしか佐野さんの名前が出ないのはちょっと酷いですね。
北側さんの方がネームバリューがあって広報しやすいのはわかりますが、
広報するときに(監修)の文字を入れて広報するのはどうかと。
逆に私の周りはそれで回避した人間が増えましたし。
最初から佐野さんの名前も出しておけば、どんな文章書くのかと、
怖いものみたさで(失礼)買う人間もそれなりにいるはずなんですがねぇ。
はっきりいって今回のあのOPの作り方はファンに不安を与えるもの以外の、
何物でもなかったような気がしてなりません。
PMは面白かったので結局私は買いましたけどね。ただ、出すのが遅すぎる。
発売1週間前の公開だったので、これを見るまで回避しようかどうしようか結構悩みましたよ。
予約は、勿論怖くて入れられませんでしたし。


【エロ】A−
キャラにより多少変動しますが、大体一人頭4〜5回。
乳デカ娘たちは必ずパイズリシーンがあるのはgoodでしたw
差分はそれほど多くは無いですが、回数はありますし尺もそこそこ、
チュパ音もしっかり入ってますので、問題は無いと思われます。


【総評】B+
「雪桜」の改良版というのが最も大きな印象です。
改良といっても零戦32型を52型に変えたような感じですが。(わからない人はスルーでw)
各キャラとも男女問わずしっかり立っているので、掛け合いは面白いです。
ただ、シナリオとプロテクトの問題がかなり足を引っ張っています。
実際、プロテクトで発売日買いを回避した人間が相当数いるのではないでしょうか?
絵にはメリハリがあるのに、シナリオにそれが無い。
発想はいいんですが、それを生かしきれていないのが勿体無いですね。
D.O.の作品はいつもそうなのでまぁ毎度のことではありますが。
どこか抜けているんですよねぇ、ここの作品。
そこさえ埋まれば、名作間違い無しの作品は多いのですが。


お勧めキャラ
南雲しのぶ・・・じゃなくて相澤しのぶw
天然と見せかけて言動、実力共に実は裏番。
締めるところは締める(どこを?w)いい女です。
シナリオの完成度も比較的高めですし、なかなかいいのではないかと。
因みに私がこのゲームの中で一番シナリオの
完成度が高いと感じたのは奈美ルートでした。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る