FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

 緋の月
 メーカー名:みるくそふと
 発売日:2003/10/24
 メーカーホームページ:
http://home.milksoft.d-net.to/        評価:B−(65点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「ねこにゃん」氏の絵と幕末という珍しい設定に惹かれて購入しました。

【システム】C
 必要なものは一通り揃っていますが,(1)プレー中に文字枠消去が出来ない,(2)バックログに音声再生機能がない,(3)やや動作が重め(特に立ち絵の変化時や画面効果の切り替わり時に時間がかかる),(4)折角縦書きでテキストを表示出来るようにしてあるのにフォントが明朝体以外選べない(毛筆系のフォントに変えられない),以上4点は不満でした。縦書き表示対応等,凝ったシステムだったんですが,意外と使いにくかったというのが正直なところ。動作自体は安定していて大変よかったんですけどね。

 あと,ゲーム自体には関係ないですが,このメーカーさんのサポートが頗る良かったことは付言しておきます。最初,私の初歩的なミスでゲームが動かなかったんですが,メーカーさんの迅速なサポートですぐにプレー出来ました。やはり,サポートがいいと好感触ですね。


【絵】B+
 担当は「ねこにゃん」氏。「ショコラ」の原画家さんですね。可愛らしい絵柄なんだけどHではエロい,そんな絵を描かれる方です。個人的には大好きですね。今作でもその絵の魅力が満載で,とても良かったと思います(特に着物絵がなかなかの出来。エロでも良く映えている)。ただ,描写角度や構図によって顔のデッサンが崩れがちだったのは気になりました。あと,今回,ロリの比率が多くて個人的にはちょっと……と思ったり。洗濯板みたいな霧や茜の胸を見て,かなり引いてしまいました。やっぱ厳しいなあ,ロリは。

 
【音楽・音声】音楽:A,音声:D+
 音楽は秀逸な出来。主題歌2曲・BGMともかなりのハイレベルで,特にBGMは作品の雰囲気に良くマッチしていたと思います。文句なしです。◎。

 他方,音声についてはちょっと(いやかなり)微妙な出来でした。まず,キャラによっては根本的に演技が下手な声優さんがいらっしゃいます(棒読みに近い)。さらに,惣一と静音はともに児玉さとみさんが演じているのですが,正直演じ分けが上手くいっているとは言い難い状況でした(ほぼ同じ声に聞こえるので,惣一と静音の掛け合いのシーンなど,どっちの声だかわからなくなることもしばしば)。児玉さんの声自体は好きなんですけど,ちょっとダブルキャストでやるには厳しい気がしましたね。他の声優さんも,正直上手いとは言い難かったのでこの評価とさせて頂きます。


【エロ】D+
 本作最大の問題点。ともかくエロが薄い。内容的には悪くない(全裸に近いですが,着物系の衣装での着衣Hもあります。個人的には和泉の1回目のHが良かった)んですが,先にも述べたように声の演技が△なのと,そもそも数が少ない(和泉は2回,他は1回のみ)ので,ヌキゲーとして買うには厳しい。もうちょっとエロにも力を入れて欲しかったなあというのが私感ですね。


【シナリオ】B
 最後にシナリオについてですが,出来は悪くありません。各ヒロインのルートで伏線を張り,敢えて各ルートではそれらを未回収のまま残し,最後のTRUEルート(「緋の月」ルート)で一気に伏線を回収して全体の謎を解くという構成で,とても理路整然としたシナリオです。作中に無駄な要素が一切無く,すべて計算された上で配置されている点は○。各ルートでは謎が解明されないので,最初は釈然としない感がしますが,最後までプレーすれば全ての謎に答えが提示され,納得してゲームを終えることが出来ます。シナリオの破綻や消化不良等が無かったのは高く評価したい。

 ただ,無駄のないシナリオであることで却って遊び要素に欠ける面があるのは残念。シナリオに「遊び」(笑える日常会話とか本論と無関係なエピソードとか)が皆無なので,毎日の行動が作業に近く感じられてしまいます。もうちょっと日常会話が笑えるとよかったんですがねえ……。さらに,ボリュームがそもそも不足しており,そのせいでどうしても展開が急になってしまって,結果作中の登場人物に感情移入出来ないこともありました。この点が「遊び」を入れられなかった原因(か,このせいでボリューム不足という結果を生んだのか,どちらが先かはわかりませんが)でもあると思いますね。そしてなにより,話に意外性が無い点が痛い。使い古された,(それこそTRUEルートに入る前でも)すぐに結論の読めてしまう話で,正直やってて「なんだ結局そういう話か……」と思ってしまいました。やっぱもうちょっとプレイヤーの裏をかくような展開を見せて欲しかったです。

 全体的に余裕のないシナリオで,そのせいで折角の設定や話の本論が盛り上がらなくなってしまっている点は残念。もう少し緩急のメリハリをつけた話の運びをすると,もっと良くなるのになあと思いました。あと,この作品,微妙に鬱展開を孕んでいるので,その手の話がダメな人は要注意。


【結論】B−
 「粗はないが売りもない作品」。バランスは良いんですけど,小さく纏まりすぎていてこれという売りがないのは残念。抜きに使うにしてはエロが薄すぎるし,かといって話を楽しむにしてもそこまで面白い話じゃない。ともかくどっちつかずな感じがします。エロか話のどちらか一方でも充実していれば(無論,両方とも充実するのが理想なんですが),もっと高評価を出せたんですけどね。出来自体は悪くないだけにとても勿体ないと思いました。

 マイ萌えキャラ→和泉さん。健気でいいです。ただ,あの結末はなあ……(;´д⊂)ムクワレナイヨ…


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る