家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 DEEP BLUEファンディスク〜11人の胸キュンLOVE!〜
 メーカー名:DEEP BLUE
 発売日:2004/03/26
 メーカーホームページ:
http://www.deepblue-soft.com/   評価:C+(55点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 メーカーデフォ買い。着衣Hスキーとしては安全牌なこのメーカー。今回も着衣H,とりわけコスプレマンと制服Hを期待して購入しました。

【内容】
 ミニシナリオ6本と壁紙・時計・スクリーンセーバー・声優コメントのセット。ミニシナリオについては以下でコメントするので,ここでは壁紙についてだけ。出来は……まあまあかな。個人的にはNo.3,4,6あたりはなかなかな出来だと思いますが,後はちょっとねえ……。全てゲスト作家によるもので,きみづか・蓮見両氏の手のものはありません(書き下ろし・既存流用含めて)。なので,どうしても画力の差というかなんというか,そういうのが目立ってしまうんですよね(やはりこの両氏の絵はずば抜けて魅力的ですから)。今回のパッケージ絵を含め,公式のイラストを壁紙にしてくれた方が良かったのになあと切に思います。正直,「Lost Passage」サントラ同梱の壁紙や,PS2版ソフマップ特典CDに入っていた壁紙の方が出来が良かったですし,また満足度も高いというのが本音かな。


【システム】B
 レイアウトを含め,システム自体は悪くない。動作も安定しているし,ディスクレスプレー可な所も良い。が,何故か「Lost Passage」「3LDK」に比べて機能面で退化してしまっているのが解せない。特にバックログの表示が出来なくなったのは謎だし,また最大の問題点でもあります。一体全体,何故……? あと,ファイルを細分化しすぎている関係で,インストールするのに時間が掛かりすぎるのも難点(これは「3LDK」でも不満に思った点ですが)。もう少しデータをまとめて,ファイル数を少なくする等の工夫が望まれます。


【音楽・音声】音楽・音声ともA−
 音楽「Lost Passage」「3LDK」の使い回し。両作品の音楽を音楽回想でまとめて聞けるのでお得かも。また,音声についても両作品と同じ人が担当しています。ですので,詳細は両作品のレビューに譲ります。全体としては満足な出来ですね。


【絵】A−
 担当は旧作と同じく「きみづか葵」「蓮見江蘭」両氏。絵の出来自体には文句ありません。相変わらず綺麗な絵ですし,Hにも良く映える。ただ,問題は数の少なさ。CG枠30個は流石に少なすぎ。しかも使い回しが多く,また,シーンによっては差分絵すらもない場合があり(最も酷いのは「ロスパ丼おかわり!」。精液差分等一切無し。エロ絵は1枚のみ),正直「絵が足りない!」「このシーンにも絵があったらなあ」と思うことが多々あったことは付言しておきます。


【エロ】B−
 まあ,着衣Hスキーにとっては安全牌ですな。今回もその点は抜かりが無く,巫女服・制服(月読学園夏服ver.)・アイドルコス・女教師スーツ等,絶妙の取り合わせで攻めてくるのは◎。流石深鬱,ここら辺のところはよくわかってらっしゃる(w。また,それ以外でもチュパ音や卑語等も完備されており,純愛系エロとしてはかなり頑張っている印象を受けました。

 ただ,【絵】項でも述べたように,エロ絵が足りない。これが本作のエロの最大の問題点。シチュエーションは悪くないのに,フィニッシュや途中過程の絵が足りなくて不満に思うことが多々ありました。差分絵があったりなかったりするのも気になるところで,差分絵のない「ロスパ丼おかわり!」等でもちゃんと精液差分や脱衣差分等は設けて欲しかったです。あと,制服でのHが殆ど無い(正確に言うとロスパ制服でのH1つしかない)点は血涙もの。何故,何故あの素晴らしいデザインの制服(両作とも)を着た状態でHを楽しませてくれないのかっ!!!! 私は「水着Hなどを入れるくらいなら制服Hを入れろ」派なので,この点は凄く不満でした。特に3LDK制服での着衣Hが無いのは噴飯もの(立ち絵だと千寿ものえるも制服を着ているのに……)。この点は「深鬱なのに何故……」とすこし裏切られた感すらあります。制服に限らず,「立ち絵等で表示させておきながらHはない」というケースが多すぎてかなり不満を感じました。

 全体として悪くはないのですが,正直いつもよりも低水準だったと思うので,今回はこのように低めの評価とさせて頂きます。


【シナリオ】B
 今回は各シナリオ毎に評価したいと思います。

 (1)あなたの隣にいる幸せ[評価:B−]  ネタバレ故詳細は語りませんが,簡単に言うと「Lost Passage」の序盤を沙雪視点で描いたもの。で,出来ですが,微妙ですね。決して悪くは無いんだけど,良くもない。「毒にも薬にもならない」というのが正直なところです。というのも,(1)本作の売りであった伝奇的な部分を全てそぎ落としてしまっており,単なる普通の恋愛ものになってしまっている点(これはこのシナリオを担当している作家さんが執筆した,ロスパ小説全般に言えることでもありますが)や,(2)観月と付き合いだしてから沙雪に乗り換えるまでの展開が急すぎる&描写が少なすぎる点などがあるからです。特に後者についてが切実で,「いつの間にか終わってしまっていた」という感をプレイヤーに与えるのは残念。あと,折角沙雪にウェディングドレスを着せているのに,それでの着衣Hが無いのもマイナス。てか,このシナリオ,Hが1つもないのってどうよ?

 それになによりこれ,観月萌えな私には辛くて………(;´д⊂ヽあれじゃあ完璧に噛ませ犬だよ……。

 (2)僕が目指した理由[評価:A−]  「Lost Passage」本編以前の育美と主人公との馴れ初めを描いた作品。おそらく,本編をプレーされていない方にとってはよくわからない話・単にDQNな主人公が当たって砕けただけの話に思われるかもしれません。ただ,本編の補完という点でいえば本作の出来は秀逸で,本編での主人公や育美の心理・行動がよくわかるようになる,そんな出来。本編,とりわけ育美シナリオをプレーした後に本作をプレーすると,より「Lost Passage」のストーリーが楽しめるのではないかと思います。個人的には本ゲームの中で一番出来が良いのではないかと思いました。

 (3)ロスパ丼おかわり![評価:C]  コスプレマン。ただそれだけ。「コスプレマン」と聞いてなんだかわからない人にとっては,まったく意味不明で楽しめないシナリオでしょう。このシナリオほど「一見さんお断り,深鬱ファン限定」のコンテンツは他に無いような気がします。

 (4)HAPPY★DAYS[評価:B]  「3LDK」でののえるエンドを前提としたお話。まあ,良くある人格入れ替わりストーリーですな。ギャグ・エロとも,「3LDK」の良いところを上手く発揮している感があります。今回のシナリオの中では一番まとまりがある作品ですね。

 (5)メデューサの恋[評価:D]  うーん,微妙。コンセプトは「3LDK」のキャラでハーレムを作るってただそれだけなんですけど,ストーリー・エロともあまり出来は良くない。特にあのエロは……ハーレムというよりも3Pの詰め合わせに感じたのは私だけでしょうか……?

 (6)Transparent human being[評価:B−]  「3LDK」の世界を舞台にした透明人間もの。わりかしギャグは面白かったです。ただ,折角透明人間という設定を持ち出しているのに,それがあまりエロに有効に用いられていなかった点は×。なんのための透明人間かと小一時間(ry。

 結論  玉石混淆。ファンディスクにしてはなかなかレベルの高いシナリオが多かったですが,やはりあくまで「おまけ」レベルであるとお考え頂いた方がいいと思います。また,今回は扱いの良いキャラ(沙雪,育美,のえる etc.)と扱いの悪いキャラ(観月,理乃,千寿 etc.)がはっきりと分かれていますので,この点要注意。私の場合は……(;´д⊂)


【結論】C+
 「ファンディスクとはいえ,値段の割には不満の残る出来」。特に,(1)きみづか・蓮見両氏の壁紙が一枚も無いこと,(2)着衣Hの出来に不満が残ること,(3)キャラによって扱いに差がありすぎること,この3点はかなり気になりました。また,本作はDEEP BLUE諸作品の内容を理解していることを前提とする部分が多く,DEEP BLUEにあまり馴染みのない一見さんには楽しめないと思います。あくまでもDEEP BLUEファンのためだけのファンディスク,これが妥当な評価ではないでしょうか。

 しかし今作は,観月・理乃狙いの私にとってはかなり厳しい買い物でした……(´・ω・`)ショボーン


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る