家電バーゲン
楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ

 アカルイミライ-Wet And Messy 2nd time-
 メーカー名:Flying Shine
 発売日:2003/12/19
 メーカーホームページ:
http://www.flyingshine.co.jp/        評価:B+(75点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「相川亜利砂」氏描く超美麗な絵に惹かれて購入を決意。特典テレカの紫苑の絵に惚れてメーカー通販を利用しました。本作ではゲームとしての面白さよりもエロさを期待していたんですが,果たして……?

【システム】B+
 システム面ではおおむね優秀だといえると思います。必要十分な機能を備え(バックログ,音声のリピート,未既読判定付きメッセージスキップ,音量調整,各種キー割付 etc.),かつ動作も軽快&安定。取り敢えず,システム面でいらつくことがなかったのは良かったです。

 ただ,機能割付が独特で,やや使いにくいのが難点。特に,(1)メッセージ枠(画面下部)と各種機能呼出ボタン(画面上部)が離れている点(例えばメッセージスキップ一つをとっても,わざわざマウスを移動させないとだめで面倒)と(2)バックログと音声リピートが機能的に分離している点(バックログモードを出した後,再度画面上部の音声再生ボタンを押す必要がある)は意外と不便に思いました。全体的に機能を各所に散らかしすぎな感があります。もう少しプレイヤーの視点から使いやすさを追求して欲しかったなあというのが正直なところです。


【絵】A
 担当は「相川亜利砂」氏。もうとにかく絵が綺麗でかつエロいですね。もろツボ(まあ,絵を見て即決したくらいですから)で,個人的には文句のつけようがありません。◎。ただ,絵自体は良いんですが,ややCG処理が荒くてドットが見えるのは気になりました。CG中の曲線等がギザギザに見えちゃったんですよね。これはどうにかして欲しかったところです。不満といえばそれくらいかな。

 ただし,本作はおまけシナリオが5本有るんですが,これらでは原画家が違います。しかも,正直レベルが低い。私はてっきりおまけシナリオも相川氏が担当すると思ったんですが,残念。「Revolver」とかのときは本編と同じ原画家さんが担当していたんですけどねえ……。


【音楽・音声】音楽:B+,音声:A−
 音楽はBGMの方は可もなく不可もなくといったところでしたが,主題歌「Sweet Perfume」はかなり良かったです。しかし……わざわざサントラCDを特典につけているのに,この歌が収録されていないのは何故? 折角良い歌なのに……残念。

 他方,音声はなかなかのレベルだと思います。特に紫苑(@乃田あす実)や椿(@楠鈴音)なんかは良い感じでした。また,チュパ音等もしっかりと完備されていて,抜きにも大いに貢献。ここら辺はさすがですね。ただ,どうも菫(@児玉さとみ)の声は個人的には駄目ですね。抜けません。児玉さん自体は嫌いじゃないんですが,声が色っぽいというより婆くさいので,妖艶なお姉さん役だったのに全然抜けませんでした……。それにおまけシナリオ等も含め,いろいろな役を兼役しているんですが,いまいち演じ分けがうまくいってなかった気もします(皆同じに聞こえた)。菫はHの多いキャラだっただけに,個人的には別の方の方が良かったなあ……なんて思ってみたり。


【シナリオ】B
 担当は「三宅蒼色」氏。「単なる抜きげーでシナリオなんか無いんじゃない?」と思っていたんですが,わりかししっかりとしたシナリオで,個人的には感心しました。で,中身についてですが,基本的にはFlying Shineお得意の「主体を変えて同一の事象を様々な角度から俯瞰する」という手法をとり,偶然から接合してしまった過去と現在を舞台に,過去で起きた悲劇を回避するために奮闘する,というもの。ネタバレ故詳細については語りませんが,そう都合良く未来が変わってたまるか,みたいなリアリティがあって,個人的には結構気に入りました。ぶっちゃけ抜きゲーとしか想定していなかっただけに,嬉しい誤算です。

 ただ,共通パートと選択ルートとの接合がうまくいっていない(例:後輩がレイプされるシーンを目撃して憤った後,平然と,何もなかったかのようにして他の女と戯れている)点や主人公の思考がガキっぽくてDQN気味(幼馴染みにキツくあたりすぎる,自分の行動を正当化しすぎる,困ったらわめき散らす,知り合いがレイプされていても助けずにただ憤るだけで通り過ぎる etc.)な点,過去と現在が接合した原因や登場人物の行動原理などに対する説明が不足している点などはマイナスかな。出来自体は悪くないんですが,シナリオメインとして売るのなら,やや力量不足のような気も個人的にはしました。

 それと,おまけシナリオについてですが,あまり面白くは無かったです……。あれを入れるくらいなら,もっと本編のシナリオやエロに力を入れて欲しかったなあ。


【エロ】B+
 で,最後にエロですが,思ったほど濃くなかったなあというのが正直なところです。「Revolver」や「WAM」(PIL)程度のエロは完備されているものと思っていただけに,ちょっと肩すかしを食らった気分がしました。

 誤解がないように言っておきますが,エロシーン自体の出来は決して悪くありません。むしろかなり良いです。(Wet and Messyという属性上)着衣Hがきわめて多く,また,輪姦が中心であり,しかもテキスト・絵とも描写が丁寧なので,かなり抜かせてもらいました。ですから,私としてはエロ1つ1つの出来には何も文句がありません。

 あと,本作はWet and Messy(WAM。女の子の服を濡らしたり,女の子を泥やオイル,クリーム等で汚すことで性的興奮を得る属性)がテーマになってるだけに,その手のシチュが満載。WAMは着衣Hと関連性が強いだけに,個人的には◎。ですので,WAMや着衣Hの属性がある方には大いにお勧めできます。ただ,ちょっとわざとらしすぎるかな,とは思いました。つまり,雨に降られたCGで服が透けすぎる(着ていない状態と殆ど変わらない)とか,汚し方が大げさすぎる(特に撫子をプリンタインクで汚すシチュなどで顕著)といった点です。確かに属性を全面に出すのも大切ですけど,もうちょっと節度というか,そういうのが有った方がよりエロさが引き立ったんではないかなあと個人的には思いました。

 このように,エロ自体にはおおむね満足しています。ただ,(1)本格的なHがでるまでに比較的時間がかかる(中〜後半に偏っているため)こと(2)楓のHが存在しないこと(胡座ポーズ等であれだけ期待させておきながら,このていたらくとは……(怒。というか,楓の誘惑シーンまでつけながら,Hを省略するその考え方がわからない),(3)H回数が多い菫の声が個人的に駄目で全く抜けなかったこと(4)椿のHシーンで本番に至らないものが多かったこと,この4つのせいで,思ったよりは抜けなかったかな,と思っちゃったんですよね。特に(1)や(2)は抜きゲーとして買われた方にはきついのではないかと思います。

 それと一言いいですか?

    男のオナニーやフェラを入れてる余裕があるなら
    もっと女のエロを増やせや!!!

 もうね,男が男にしゃぶらせてるシーンとか,男が櫻を思ってオナニーしているシーンとかがCG付きであるのをみて呆れましたよ,ホント。そんな余裕があるなら,楓とかをどうにかしろ,と。また,折角茶屋町関連でナンパ(乱交)サークルの話がでているのに,それが殆どエロと結びついていない(菫・撫子関連のもののみ)のもガッカリ。私は,紫苑や楓等を巻き込んだ乱交を期待していただけに,きわめて残念でした。

 シナリオ項でも言いましたけど,よけいなおまけシナリオとか男のエロなんか作っている暇があったら,もっと本編のエロを充実させて欲しいというのが私感です。折角設定や絵がいいのに,それをエロに結びつけられていないのは勿体ない,そう強く思いました。


【結論】B+
 「個々の要素は良いのに,どこか勘違いしてどっちつかずになってしまった作品。エロが思ったほど濃くなかったのは減点か」。これだけエロの引き立つ絵・設定・シチュを持ってきながら,それを巧くエロへとつなげられなかった罪は大きい。1つ1つのエロは良いだけに,勿体なさすぎます。「七巴の剣」でも感じたことですが,どこかこのメーカーはユーザーの求めるもの・期待するものとかけ離れた作品を作ってくる気がしますね。もうちょっとどうにかならんのか,それが正直なところです。本作の出来自体は決して悪くはないと思えるだけに,今後はユーザーの求めるものはなんなのか,少し考えてみて欲しいなあと個人的には思いました。

マイ萌えキャラ→閑谷紫苑。文句なしに彼女でしょう! あんな主人公には勿体ない……。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る