FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 未亡人〜ぬめり合う肉欲と淫らに濡れる蜜壺〜
 メーカー名:MBS Truth
 発売日:2003/09/19
 メーカーホームページ:http://www.teck.co.jp/truth/         評価:B+(75点)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 MBS Truthは基本的にデフォなんですが,今回は望月望+猫柳まんぼの最強タッグということで,いつも以上に期待していました。果たして出来の方は……?

【システム】A−
 「DOOP ADVANCE」と同一のシステム(Live Maker)を使っているようですが,機能性・安定性・軽快さともに,格段とレベルアップしています。視点選択画面で若干のもっさり感は有りますが,それ以外は極めて軽快に動作します。また,メッセージスキップも速く,ホイールマウスに対応していたりするなど,必要な機能は概ね完備している感が有ります。また,汁増量やP-in機能等があるのは変わっていますね(詳細は【エロ】の項で)。

 ただ,(1)相変わらずバックログで音声が再生出来ないこと,(2)オープニングデモのスキップ判定が鈍いこと,以上2点は不満。特に後者は,タイトル画面に戻るごとにOPを見させられるのですが,1・2度画面をクリックしても反応してくれないので,何回もクリックしないとデモムービーが飛ばせないのがかなり面倒でした。不満点はそれぐらいですね。


【絵】A
 担当は「望月望」女史。文句なしです。エロ過ぎます(;´Д`)ハァハァ。個人的には女史の絵はもう少し明るめの塗り(「えらぶる」「Sixty-Nine」など)か,鋭角的な塗り(「Cage」など)の方が似合うと思うのですが,でもまあ,これはこれでイイですね。また,服装にも気を払っている点は好印象でした。意外と現実でもありそうな,ファッショナブルな服装が中心。雑誌のインタビューでファッションには気を払っているというコメントがありましたが,なるほどと唸らされる出来だったと思います。あと,相変わらず女史の巨乳絵は美しい(;´Д`)ハァハァ。巨乳を強調しすぎて立ち絵のデッサンが崩れ気味(一枚絵はそんなことはないのですが)なのは「−スガタ−」でも見られた欠点ではありますが,一枚絵の美しさ・エロさ・乳の美しさが凄いので無問題。とりあえず,美巨乳・着衣Hスキーにはデフォな原画家さんですね。大満足。


【音声・音楽】音声:B−,音楽:B+
 音楽は結構出来が良いのではないかと思います。主題歌「je t'aime ~ mourir ou vivre? ~」(PaPa's Pleasure)をはじめ,重厚で聞き応えのある楽曲が中心。ただ,曲調が近寄っているのと,そもそも曲数が少ないのとで,いつも同じような音楽を聴いているように感じるのがマイナスかな。

 他方,音声ですが,演技については問題有りません。有名声優さんばかりなだけに,エロ・日常会話ともシッカリしていたと思います。また,チュパ音も過度にチュパチュパいうわけではないですが,必要な場面ではしっかりと鳴らしていますので○。音声はとりわけエロに大いに貢献していたと思いますね。

 ただ,個人的にはちょっと声が高すぎるかなあとは思いました(「凌辱制服女学園」でも感じたことですが)。イエローテールの声優さんは基本的に声が高めなのと純愛系でよく見かける関係で,どうしてもテックアーツ系のような暗め・重め・凌辱中心のゲームだと違和感を感じますね。私としては昔のテックアーツ声優陣(北都南さん,海原エレナさん,矢沢泉さん,木村あやかさんなど)の方が,ここのメーカーのゲームには合っているんじゃないかなあと思いました。


【シナリオ】C
 担当は「猫柳まんぼ」氏。本作のシナリオははっきり言ってたいしたものではありません。思わせぶりな展開をしますが,結末は極めて単純かつこぢんまりとしたもので,推理ADVのようなシナリオを期待すると肩すかしを食らうのではないかと思います。

 しかし,不気味な雰囲気の作出やエロへのつなげ方は上手い。毎日プレイヤーの元に送られてくるビデオが,良い感じに不気味さ,不可思議さを演出しています。そして,そのビデオによって主人公達が次第次第におかしくなっていって最後は肉欲に溺れていく,その過程が丹念に描かれていた点は◎。深読みかも知れませんが,プレーしていくと,どうしてこのメーカーがこのようなサブタイトルを付けたのかが朧気にわかってくるのは上手いなと思いました。

 総じて「失楽の神女」「DOOP ADVANCE」のような,シナリオそれ自体で読ませるという出来ではなかったですが,エロの演出の一環(退廃的な雰囲気を作るための演出)としてはなかなかな出来では無いかなあと思いました。


【エロ】A−
 絵同様,こちらもハイレベルですね。エロの特徴としては,

 (1)着衣H中心  服装は制服・ウェディングドレス・喪服・ボンテージ系など。服の脱がし方としては胸元をはだけさせる程度。また,スカートを脱がさないで服装の視認性を確保し,さらに着衣Hの映える描写角度を堅持するなど,流石は望月女史と感嘆させる出来。個人的には多恵子の喪服H時におけるガーターストッキング描写(ガーターストッキングと喪服とのバランス)とか,みゆきとの台所H時の脚・靴下描写とかが溜まりませんでした。Good Job!

 (2)美巨乳  この点は【絵】項で説明済み。

 (3)アナルHが極めて多い  猫柳氏といえばアナルHですが,今作はいつも以上の充実度です。氏のアナルHへの執念の現れと言っても良いほど(w。ネタバレ故詳細は避けますが,多恵子の設定からして逝っちゃってます。また,絵上でちゃんと前と後ろの穴を描き分け,通常のHとアナルHでペニスを挿入する位置を変えているのには感心しました(見分けがつかないように穴の描写をぼかして,通常H・アナルHを一枚の絵で兼用してしまう不届きな作品が巷には多いので,今作の徹底ぶりには驚きました)。そちらの趣向のある方には必ずご満足頂けるものと思います。

 (4)エロ演出としてのザッピングシステムの妙  ザッピングははっきり言ってシナリオの展開には活かされていない(話が薄っぺらですから……)ように感じましたが,エロには非常に効果的だったと思います。実際に自分が女を犯していた場面を今度はのぞき見したり,自分と愛を育んでいた女が寝取り寝取られるのを視点を変えて見られたりと,様々な角度からエロを体験出来,そしてそれによって様々なシチュが味わえるのは非常によいですね。エロの演出としては上手いなと思いました。

 (5)エロテキストが極めて丁寧  氏の特徴である,非常に丁寧かつ膨大なエロ描写は圧巻。しかも,1回犯って終わりではなく,1つのエロシーン中,何度もしつこいくらい事に及んだりするので,間違いなく抜けると思います。Hテキスト重視派の方には良いのではないかと。ただ,卑語等は殆ど有りません(私は適度な量ならまだしも,過度な卑語は却って萎えるだけなんで全然構わないんですけどね)。

 (6)精液描写が適切  エロゲーだと「ホントにそんなに沢山精液がでるのかよ……д`;)」とか「そんなに粘着質な精液,ねぇよ……」と半ばあきれる作品が多いんですが,本作は量・質感とも妥当ではないかと思いました。しかも,汁だくがいい人には汁増量機能で対応出来る点も親切。

 流石にエロに拘りのあるメーカーだけに,エロのレベルは総じて高いと思います。絵・テキスト・音声とも高レベルで,かつ効果的に使われている点は◎。ただ,一部で(実は結構な数なんですが),音声とテキストだけで絵の無いHが有ったのはマイナス。これはちょっと手抜きだと思いますね。文字・音で抜かれる方には良いんですが,私みたいに絵を重視する人間には困りもの。やはり絵の不足だけはどうにかして欲しかったです(絵が無いHを入れるくらいなら,そのシーンを入れなかった方がまだ印象が良かったんですけどね)。これがA−に評価を落とした最大の原因ですね。

 あと,売りのP-in機能は正直あまり……。現実の女性のHが見たければAVを買うだろうし,現在のエロゲー購買層ってこういう「よりAVに近づける方向性」を求めていない方の方が多いと思うんですよね。それになにより,このムービーのせいでHDD 容量が倍に増えたのは痛い。いまいちメーカー側の意図が掴みかねる仕様だったように私は感じました。


【結論】B+
 「よりエロに特化した猫柳ゲー」。ゲーム全体がエロの演出のために効果的に機能しているのは大変良かったです。普通のエロだけゲーのように「エロだけがメインで他がオマケ」みたいなことはなく,全てが有機的に組み合わさってエロをもり立てている点は高く評価したい。システムが充実していてプレーしやすいですし,エロの数が多くそのレベルも高いので,ヌキゲーを求められている方には満足頂ける作品だと思います。ただ,個人的には「失楽の神女」「DOOP ADVANCE」のような,「エロとシナリオ双方の充実」を期待していただけに,ストーリー面で楽しめなかったのは残念。

 取り敢えず完成度の高いエロゲーですので,抜き重視の方にはいいと思います。反面,ストーリー等を求められる方には厳しいかも。個人的には沢山抜かせて貰って満足だったんですけどね。ただ,メーカー側の狙いとユーザー側のニーズが,微妙に(いや,かなり)乖離しているように感じられたのは気になりました。客層を狙い打ちするのは良いんだけど,もう少し中心客層が何を欲しているのかをこのメーカーには考えて頂きたいですね。少なくとも,私は望月女史の絵と猫柳氏のシナリオを最大の狙いとして買っているのであって,名も知らない女優の出てくるAV欲しさで本作を買ったわけではないです。折角の実力派原画家が,他のどうでもいい要素のせいで蔑ろにされているのは悲しい面があります。美少女ゲームはまず絵ありきだと思うんですけどねえ……。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レビューデータベースに戻る